新聞社社員のやりがい、魅力

新聞に託すメッセージ

新聞社で働く人たちの一番のやりがいは、「新聞というメディアからの情報発信を通して、世の中をよくしていける」ということでしょう。

新聞でどのような内容の記事を掲載するかは各新聞社の価値観や判断に任されています。

ですから、社内では常に「昨日の交通事故とその分析に関する記事を一面にしよう」「福祉の問題は重要だから見出しをもっと大きくしよう」「新たな法律について詳しく解説する特集を組もう」などと議論が活発に交わされています。

一日一日読者のもとへ届ける新聞に、さまざまなメッセージを託しながら、仕事に向き合っているのです。

実際、読者から「新聞を読んでこの問題に興味が持ちました」「新しい法律について学べて役に立ちました」という声が届くと、何よりの喜びになります。

伝統あるメディアだけに読者からの反響はとても大きく、その声のひとつひとつが新聞社の社員にとって大きな力になっています。

スクープ連発を夢見て

新聞記者であれば誰もが憧れるのは、他社がまだ取材していない独自のスクープ記事を掲載することでしょう。

スクープの内容はさまざまですが、政治家の裏金、有名人の不倫、学校でのいじめの隠蔽、介護施設におけるスタッフからの虐待など、センセーショナルな話題であればあるほど、世の中の注目を大きく集めることにつながり議論を巻き起こすことができます。

そしてそれは同時に、世間に対してその新聞社の取材力を知らしめることにもつながるのです。

こうしたスクープを連発するためには、新聞記者のスキルがとても重要です。

関係者に対して粘り強く取材交渉を行うタフさ、他人の嘘を見抜く洞察力、一瞬の撮影チャンスを逃がさない瞬発力や勘の良さなど、さまざまな能力が必要となります。

大変ではある一方で誰もができるような仕事ではないぶん、挑戦し甲斐がある仕事であるのは間違いないでしょう。

スクープを連発するような新聞記者は、その新聞社のエースとして信頼されるようになり、自分が取材したいネタをどんどん自由に取材させてもらえるのも魅力のひとつです。