社会福祉士と社会福祉主事の違い

「社会福祉主事」とは?

社会福祉士と近しい職種に、社会福祉主事があります。

社会福祉主事は、福祉事務所の現業員(家庭訪問、面談、生活指導などを行う職員のこと)として任用される場合に要求される任用資格です。

社会福祉主事任用資格は、社会福祉の資格の中でも最も古いもののひとつで、もともとは行政の福祉担当部署や福祉事務所に勤める公務員が専門的な相談業務をおこなうために設けられたものです。

現在、福祉事務所には社会福祉主事の配置が義務付けられています。

また、公務員のためだけの資格ではなく、社会福祉施設の相談員や生活指導員への就職の際に有利な資格にもなっています。

社会福祉主事の主な勤務先

社会福祉主事の配置が義務付けられている福祉事務所以外でも、社会福祉主事の活躍の場は幅広く存在します。

社会福祉主事のおもな就職先を挙げてみましょう。

老人福祉施設の生活相談員

・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・デイサービス
・ショートステイ

障害者施設の生活支援員

・身体障害者療護施設
・救護施設
・更生施設

このように、社会福祉主事は福祉系のさまざまな分野で活躍する際に生かせる資格となっています。

社会福祉主事の仕事

資格の種類の違い

社会福祉主事は「任用資格」という種類の資格です。

社会福祉主事の資格要件を持っている人が、福祉事務所などで「社会福祉主事」の職に任命されたときに、「社会福祉主事」と名乗ることができます。

一方、社会福祉士は国家資格です。

社会福祉司の国家資格は、「社会福祉士」と名乗って仕事をするために必要になります。

また、社会福祉分野全般の相談支援業務を行うために、自治体はもちろんのこと、民間の病院や介護施設など、社会福祉主事に比べて活躍の場がより広範囲となる点が大きな違いといえるでしょう。

また、社会福祉士の人は、あらためて社会福祉主事資格を得る必要はなく、すでに社会福祉主事任用資格があるとみなされます。

仕事内容については、公務員として相談支援業務に携わる場合には社会福祉主事も社会福祉士も大きな違いはありません。

しかし、専門性を高めるために、社会福祉主事が社会福祉士を目指すケースが多くみられます。

社会福祉主事任用資格の取得方法

社会福祉主事の資格は、一般大学で指定科目を3科目以上履修していれば資格要件を満たしているとされ、届出をすることで資格を有することができます。

大卒の方は自分が要件を満たしているか確認してみてもいいでしょう。

ただし、指定科目は大学の卒業年によって科目が異なりますから、厚生労働省のホームページで確認してください。

厚生労働省 社会福祉主事任用資格の取得方法

その他、社会福祉主事任用資格の取得方法には、養成所、通信教育、講習会の受講などの道があります。

ですが、社会福祉分野で活躍したいと考えているのであれば、社会福祉主事の上位資格である社会福祉士を目指すことを視野に入れてみるとよいでしょう。

その理由として、社会福祉士は社会福祉主事と比べた際に、公務員の採用試験に有利な点、活躍の場の広さ、専門性の高さが挙げられます。

社会福祉主事の資格取得を売りにする大学や短大もありますが、社会福祉分野のプロフェッショナルを目指すならば、社会福祉士の受験資格を得られる大学を選びたいものです。

仕事体験談