社会福祉士と介護福祉士の違い

社会福祉士について

仕事内容・役割

社会福祉士は、年齢、性別、障害の枠を超えて、日常生活になんらかの問題を持つすべての人に、一対一で問題の相談にのり、助言や指導を行って援助することがおもな仕事です。

福祉関係全般の幅広い知識が必要となり、その法律や制度についてはもちろんのこと、カウンセリングを行うための心理学などについての知識も有しています。

資格の取得方法

社会福祉士国家試験の受験資格を取得する方法は、他の資格に比べて柔軟性があり、さまざまなルートから受験が可能です。

自分の生活や仕事、学習環境に適した道筋を選択することができるでしょう。

試験の難易度は高く合格率も低いものの、「社会福祉士として活躍したい!」と思えば、どんな人にもその扉が開かれているという点が魅力のひとつといってもよいでしょう。

社会福祉士になるには

介護福祉士について

仕事内容・役割

介護福祉士は、高齢者や身体が不自由な人に対して介護を行うことがおもな仕事内容です。

介護福祉士の仕事

基本的には、身体の不自由であったり介助が必要な人に対して、食事や入浴介助、トイレ介助、見守りなど、日常生活すべての介護を行う直接的な関わりの多い仕事です。

資格の取得方法

介護福祉士は社会福祉士と同じく国家資格のひとつです。

この資格を得るための方法としては、「実務経験を積む」「福祉系高校を卒業する」「介護福祉士養成施設を卒業する」といった3つのルートがあります。

介護福祉士は、社会福祉士と比べると圧倒的に多く、平成28年度時点で社会福祉士の総数208,261人に対して、介護福祉士の登録総数は1,503,574と約7倍にものぼります。

この理由として、介護福祉士は、受験に必要な要件が社会福祉士よりも敷居が低いことや、試験問題も基礎的なものが多いため、合格率も60%~70%程度と高い水準にあることが挙げられます。

社会福祉士と介護福祉士の違い

社会福祉士は、おもに利用者やその家族に対しての相談業務や助言、指導などの業務を行っていきます。

「人のために何か役に立ちたい」という芯の強い心を持つことが大切です。

また、福祉全般の知識や法律や制度についても網羅しておく必要があるため、つねに新しい知識や情報をアップデートできる、探究心の強い人に向いている仕事といえます。

一方、介護福祉士は実際に身体介護や生活サポートなどを行っていくことから、体力に自信があり、口や頭よりも先に身体が動くといったタイプの、人のために率先して動くことのできる人が向いているといえるでしょう。

社会福祉士と介護福祉士の大きな違いは、支援の仕方の違いにあります。

社会福祉士が「困っている人」に関わるすべての人や環境を整える、トータルな手助けをおこなうのに対して、介護福祉士は目の前にいる「困っている人」に手を差し伸べて直接手助けをおこないます。

どちらも、福祉領域の専門職であり「困っている人を助ける」という点では共通しています。

お互いの仕事を理解し助け合ってこそ本当の支援に繋がっていきます。

仕事体験談