児童福祉司の仕事、なるには

社会福祉士が活躍する領域のひとつ

「児童福祉司」は、児童相談所において、相談員として活躍する人のことをいいます。

児童福祉法では、子どもの定義を「18歳未満の児童」としています。

その18歳未満の子どもの育て方の悩みや、非行、障害といった子どもを取り巻くさまざまな問題を抱える保護者からの相談にのったり、子ども本人を保護したりする行政機関が、児童相談所です。

ここで児童福祉司は、心理学的な知識を基に、子どもや保護者の心理判断や心理療法、カウンセリングを行っていきます。

社会福祉士は、社会福祉の専門家として、介護を必要とする高齢者や障害を抱える人、そして子どもまで、日常生活を送るうえで問題を抱える人を広くサポートしていますが、そんな社会福祉士の活躍領域のひとつが児童福祉の分野となります。

子どもの幸せを守る仕事

児童福祉法の一番最初の文には

「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。」
「すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。」

と記されています。

昨今、虐待や親の離婚などによって、大きな問題を抱える子どもの数が増えています。

そんな子どもや保護者に対して、子どもの幸せを守る支援を行うことも、社会福祉士の役割のひとつです。

児童相談所で働く人たち

児童相談所の役割は大きく以下の4つに分けられます

1. 養護:子どもが育てられない
2. 育成:子育ての方法がわからない
3. 非行:犯罪や非行
4. 障がい:発達、発育

児童相談所には「児童福祉司」のみならず、「児童相談員」「児童心理司」「児童指導員」「電話相談員」などの専門スタッフが在籍しています。

児童指導員の仕事

各相談内容によって、専門スタッフが必要な調査や判定、指導、一時的な保護を行っていきます。

そのなかでも、具体的に児童福祉司は家庭訪問などを通じて、子どもを育てる側の問題と、子ども自身が抱える問題の相談に応じます。

そのうえで調査診断を行ない、子どもの通う学校や、居住する地域の関係機関と連携して問題を解決する術を探っていくことが、児童福祉司のおもな仕事となります。

子ども一人の問題でも、子どもの家族、学校、住んでいる地域など、子どもを取り巻く環境は無限に広がっており、問題解決の糸口を探るには多くの経験と知識を要します。

しかし、未来ある子どもにとって、児童福祉司の果たすべき役割はじつに大きく、また人生を左右する立場といっても過言ではないでしょう。

そのため、一人の子どもの更生が、児童福祉司の大きな原動力にもつながるやりがいのある仕事です。

児童福祉司として活躍するためには

児童福祉司自体の資格はありませんが、児童相談所の児童福祉司は公務員として働くため、地方公務員試験に合格する必要があります。

さらに、児童福祉法に定められている「任用資格要件」を満たす必要もあります。

任用資格要件(一部)

・都道府県知事の指定する児童福祉司養成校を卒業する
・医師、社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかの資格取得者であること
・大学または大学院(外国の大学を含む)卒で、心理学等を専攻+指定施設における実務経験が1年以上あること

つまり、社会福祉士の国家資格を持つ人は、児童福祉司としての業務にあたることができます。

実際、すでに児童福祉司として働いている人も、社会福祉司の有資格者が多いといわれています。

しかし、社会福祉士が児童福祉司として活躍するためには、各自治体が行う公務員試験の一般行政職の試験をクリアしなくてはなりません。

一部の自治体では専門職として別の採用枠を設けている地域や、近年急増する児童虐待に対応するために採用人数を増やす自治体も見られます。

子どもの未来を守る使命をもった児童福祉司は、今後さらに必要とされる人材といえるでしょう。

仕事体験談