生命保険会社社員のやりがい、魅力

形のないものを売る面白さ

生命保険会社社員としての大きなやりがいは、「保険」という目に見えない商品を扱い、それをお客さまに提案していく仕事にあるといえるでしょう。

生命保険は、「万が一のときの安心」を得るためのもの。

お客さまにとって、その時点で必要に迫られていないものを売るのは大変ですが、一人ひとりのお客さまの生活状況やライフプランなどを理解したうえで最適な商品を提案していくことに、大きなやりがいを感じられます。

形のないものを売る仕事を通じて、営業力や販売力も身につくでしょう。

人の人生に関わる商品を扱える

生命保険は、しばしば「人生で2番目に高い買い物」といわれます。それほど人が生きていくうえで重要なものであり、そうしたものを仕事で扱うことに、責任とやりがいを感じられるものです。

そして、もし商品を契約いただいているお客さまに「万が一」のことがあった場合には、「あのとき勧めてくれた保険に入っていて本当によかったです」といった言葉をかけてもらえることがあります。

こうした瞬間、お客さまのために仕事を頑張っていてよかったなと思うことができるでしょう。

給料や福利厚生がよい企業が多い

生命保険会社は、他の業種の企業に比べると、比較的給料や福利厚生などがよい場合が多いようです。

とくに営業職であれば、契約件数や契約した保険商品の保障額などによって査定の評価が変わり、自分の頑張り次第で一気に収入をアップさせることができます。

また、金融に関わる仕事として社会的評価がよかったり、有給が多かったりするなどの点に働きやすさを感じている人もいるようです。そのため、大手生命保険会社は学生の就職先ランキングでも必ず上位に入ります。

もちろん、仕事ではしっかり成果を出さなければならないというプレッシャーはありますが、どんどん稼ぎたいという人や、安定性を求めている人には魅力を感じられる仕事ではないでしょうか。