生命保険会社の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

生命保険会社の勤務時間は、総合職として働く場合、一般的に9:00~18:00くらいとなっており、1日の労働時間は7時間~8時間程度となっています。

ただし、大手生命保険会社は日本全国あるいは海外に営業所や支社を持つところも多く、勤務地によって勤務時間には違いが出てきます。また、職種によっても勤務時間が変わってくる場合があります。

普通、生命保険会社では夜勤はなく日中の時間帯に働くことになりますが、たくさんの仕事に追われて忙しく働いている人も多く、定められた時間外に仕事をしなくてはならないこともあるでしょう。

休日・休暇

生命保険会社の休日は、多くの場合、土・日曜日が休みの「完全週休2日制」となっています。

このほか祝日も休みとなり、さらに年末年始、有給休暇、夏季休暇、リフレッシュ特別休暇などが代表的な休暇制度として存在します。

さらに、育児や介護に関するおもな休暇として、産前産後休暇、配偶者出産休暇、育児休業制度、看護休暇、介護休業制度などがあります。

大手生命保険会社は女性も大勢活躍しており、安心して働き続けることができるために休暇制度を充実させている傾向にありますが、仕事の状況によっては休日出勤をして対応している人も少なくないようです。

残業

生命保険会社の残業状況は、職種や仕事内容、勤務先によってだいぶ異なるようです。

一般的に、営業はお客さまの都合に合わせて動くことになり、早朝あるいは夕方以降に商談に出向くため、時間外労働がどうしても多くなってしまいがちです。

最近では一定の時間を超えると会社側が強制的に帰宅指令を出すなどで、できるだけ残業時間を減らそうという動きもありますが、一部の企業では残業が当たり前という風潮があるようです。

なかにはサービス残業となっている企業もあるようです。就職前にはよく確認しておいたほうがよいかもしれません。