理学療法士の給料・年収

平均年収はどれくらい?

理学療法士をはじめとするリハビリ系の職種は医療に関わるため、高待遇を期待されることがあるようです。

しかし、じつはそれほど待遇が良いわけではなく、勤務先によっては同年代平均収入よりも大きく下回ってしまうこともあるといわれています。

月収のボリュームゾーンは23万〜27万くらいであり、年収にして350万円〜500万円くらいとなっています。

また、正社員や正規職員のほかパートで働く人もおり、その場合の時給は2,000円ほどとなっています。

大きな病院では待遇がよいところもあり、これ以上の収入を得られる場合があります。しかし、福祉施設では施設により、平均よりだいぶ低めの収入で働いている人もいるようです。

なお、理学療法士と近しい職業である「作業療法士」の給与水準は、ほぼ同じです。どちらも初任給は悪くないものの、長く働いていても、給与があまり伸びないという傾向があります。

きちんとした生活はできる?

理学療法士の収入はそこまで高くありませんが、それでも食べていくには十分な給料がもらえます。

ただし、独身で若いうちはいいかもしれませんが、家庭を持っていくとなると生活が少々厳しくなり、共働きが必要な状況になる可能性もあります。

夫婦のどちらか一人が仕事をしているだけでは、家計をやりくるすることが難しいケースもあるようです。

初任給にも着目しよう

理学療法士は他のさまざまな職業と比べて、昇給の際の上がり幅が小さい傾向があるといわれています。

そのため、それなりの収入を望むのであれば、初任給の額に着目しておいたほうがよいでしょう。

仕事をスタートした時点での基本給が高ければ、同時期にもらえるボーナスの額も大きくなり、昇給した際の金額は大きなものになっていきます。

一方、最初にもらう基本給が少なければ、ボーナスはあまり期待できなくなり、昇給をしたとしてもそれほど大きな金額にはなっていきません。

就職先を決めるとき給料ばかりに目がいってしまうのもよくありませんが、長く安心して働き続けるためにも、自分の生活を守れるだけの給料を確保できるかどうかは気にしておきたいところです。

なお、経験を積んで役職に就くことになれば、一気に給料が上がることがあります。

管理職として働く理学療法士のなかには、一般的な理学療法士よりだいぶ多めの収入を得ている人もいるようです。

理学療法士、作業療法士の平均年収統計

厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査によると、理学療法士および作業療法士の平均年収は31.8歳で約407万円となっています。

・平均年齢:31.8歳
・勤続年数:5.3年
・労働時間:163時間/月
・超過労働:5時間/月
・月額給与:280,700円
・年間賞与:701,200円
・平均年収:4,069,600円

出典:厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成28年 理学療法士・作業療法士の年収(規模別)

理学療法士・作業療法士の年収は、勤務先の規模によってあまり変化がありません。10〜99人の規模の事業所に勤める理学療法士・作業療法士の平均年収は423万円、100〜999人規模は401万円、1,000人以上規模は414万円、10人以上規模平均は407万円となっています。

理学療法士・作業療法士の年収(規模別)_27

平成28年度 理学療法士・作業療法士の年収(年齢別・男女別)

理学療法士・作業療法士年齢別の年収は、年齢とともに徐々に上がっていきますが500万円ほどで上昇が止まっています。

ほかの職業と比較すると男女の給与格差は小さく、全年代の平均では男性の平均年収419万円に対して、女性は393万円となっています。

理学療法士・作業療法士の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

仕事体験談