整体師の給料・年収

整体の種類は多岐にわたり、その数だけ収入のあり方も変わってくるといえます。

本記事では、整体師の平均年収や初任給、収入の上げ方などを紹介します。

整体師の平均年収・給料の統計データ

整体師の給料や平均年収には個人差が大きいですが、その理由のひとつに、整体師の勤務先による年収差が挙げられます。

整体師の主な勤務先は整体院ですが、リラクゼーションサロンでの勤務や独立開業する道も考えられます。

整体院やリラクゼーションサロンでは歩合制をとり入れているところが多いため、個人の力量によって給料に大きな差が出るようです。

整体師の平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
マッサージ関連職
(転職会議)
264万円 20代前半:250万円
20代後半:266万円
30代:278万円
40代以上:277万円
整体師
(Indeed)
309万円 時給 1,022円
日給 9,491円
月給 22.1万円
整体師
(求人ボックス)
369万円 31万円

各社のデータより、整体師の年収は250~270万円の間であることがわかります。

整体師は年齢を重ねても給料にあまり変化がないようです。

整体師の手取りの平均月収・年収

各社の統計データをもとに算出すると、整体師の平均年収は260万円前後となり、月額総支給額は21万円ほどと考えられます。

東京都で勤務する整体師で独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は18~20万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準はかなり低いと言わざるを得ません。

ただし固定給にプラスして歩合制を取り入れているところが多いため、実力や人気があればさらに高い金額をもらうこともできます。

整体師の初任給はどれくらい?

首都圏の整体師求人募集の給料や待遇を調べてみると、一般の整体院に勤めた場合の初任給は月収15万円〜20万円前後です。

実際の手取りを考えると14万円~18万円ほどとなるでしょう。

これは専門学校やスクールを卒業してから就職する場合、研修期間や試用期間ととらえられ、一人前になるまでの間はどうしても給料が少なくなる傾向にあるためです。

整体師の福利厚生の特徴は?

法人と個人経営では、福利厚生に違いがある場合があるため注意が必要です。

企業に勤めた場合は、

整体師の福利厚生
  • 各種社会保険
  • 有給休暇
  • 懐妊・育児休職制度
  • 各種休職・休暇制度

などがあります。

しかし個人経営の場合、こうした健康保険や厚生年金保険に加入していないところもあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

整体師の給料・年収の特徴

アルバイト・パート採用も多い

整体師はアルバイトやパート採用も多く、未経験でも採用されやすい傾向にあります。

時給は1,000円前後と一般的なアルバイトとあまり変わりませんが、経験者の場合は時給1,500円ほどとなることもあるようです。

歩合制で給料アップ

歩合制とは、お客さまから指名が入ると手当てが上乗せされるシステムで、自分の能力によって給与や年収に大きな差がでます。

指名されればされるほど、固定給に歩合給がプラスされ収入がアップします。

自分の技術が上がって、お客さまが増えてくるようになれば、大きなやりがいを感じることができるでしょう

歩合の相場は職場によって変わりますが、一人2,000円ほどといわれており、正社員だけでなくアルバイトやパートにもつくことがあります。

整体師の施設別の年収

整体院で働く整体師

一般的な整体院で働く場合、年収は200万円~300万円程度です。

一般的な職業と比べても、決して高いとは言えないでしょう。

リラクゼーションサロンで働く整体師

リラクゼーションサロンでは歩合制を取り入れているところが多く、基本給にプラスして手当てがつくため年収は高くなります。

リラクゼーションサロンでは1人あたりの単価が整体よりも高いため、実力をつけ人気が出れば整体院よりも給料が高くなることが多いようです。

独立開業して働く整体師

整体師の給料や年収にばらつきがあるもうひとつの原因として、独立開業する整体師が多いということが挙げられます。

独立開業というと成功者というイメージがありますが、実際にはこれも個人差が大きく、成功して年収1,000万以上稼いでいる人もいれば、整体院に従業員として勤めるよりも不安定な収入の人もいます。

雇用形態や歩合などでも大きく左右される職業でもあるため、独立開業したからといって安定した収入を見込めるとは限らないということも覚えておきましょう。

整体師が収入を上げるためには?

整体師は資格や役職がつくことが少なく、経験年数で給料に差がでることが少ない職業です。

逆を言えば、若くても実力を身につけ人気が出れば給料をアップさせるチャンスがあるということです。

整体師が収入を上げる方法
  • 資格を取得する
  • 歩合制のある職場を選び、顧客を増やす

整体師は未経験でも始められますが、専門学校やスクールに通い技術や経験を磨くことで、より顧客からの信頼を得やすくなりますし、実力が認められ待遇の良い整体院やリラクゼーションサロンに転職しやすくもなります。

固定客を増やすには実力のみならず、お客さまを満足させるコミュニケーション能力やサービス精神なども求められるため、奉仕の精神と的確なカウンセリング能力を持つ人が向いているでしょう。

最近ではインターネットでの集客が主流となってきているため、ウェブマーケティングやSNSの知識も役立ちます。

整体師の給料・年収のまとめ

整体師の平均的な収入は250~270万円の間で、決して高いとはいえません。

また、独立したからといって稼げるわけではなく、顧客獲得や自身の技術向上のための努力は欠かせません。

収入アップのためには資格を取得するほか、歩合制のある職場を選び固定客を掴むなどの方法があります。