【2022年版】鍼灸師の年収・給料はどれくらい? 初任給やボーナス、統計データも解説

鍼灸師は、街の治療院にいちスタッフとして勤務する人もいれば、独立し、自分で治療院を開業する人もいて、おのおのの実力や経験などによって収入は異なります

一般的には、毎月決まった給料がもらえる「固定給」のところが多いようですが、一部では「歩合制」をとるところもあります。

鍼灸師の平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

鍼灸師の平均年収_2021

厚生労働省の令和3年度賃金構造基本統計調査によると、鍼灸師の平均年収は、37.7歳で423万円ほどとなっています。

・平均年齢:37.7歳
・勤続年数:8.6年
・労働時間/月:162時間/月
・超過労働:11時間/月
・月額給与:299,800円
・年間賞与:636,100円
・平均年収:4,233,700円

出典:厚生労働省「令和3年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
鍼灸師
(給料バンク)
190万円~245万円 20代の給料:20万円
30代の給料:28万円
40代の給料:35万円
初任給:15~万円
鍼灸師
(Indeed)
3,422,716円 時給 1,055円
日給 13,148円
月給 242,334円
鍼灸師
(求人ボックス)
375万円 31万円

各社のデータより、鍼灸師の年収は190〜370万円の間であることがわかります。

鍼灸師の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の統計データをもとに算出すると、鍼灸師の平均年収は300万円前後と思われます。

ボーナスを考えず月収に換算すると22万円〜24万円ほど、手取りの場合は18~20万円ほどです。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円であることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めです。

あまり高い収入が望めるわけではありませんが、経験を積んでいくことで昇給する場合もあります。

鍼灸師の初任給はどれくらい?

新人鍼灸師の場合は、月収は15~18万円程度のことが多いようです。

採用されたとしても、すぐに仕事をまかせてもらえるわけではなく、まずは先輩鍼灸師から仕事を教えてもらう修業期間や下積み期間とされることが多く、給料は低めに設定されていることが多いようです。

見習いからスタートする場合、無給であることもあります。

ただし仕事ぶりが認められ一人前として仕事ができるようになると昇級し給料もアップします。

鍼灸師の勤務先の規模別の年収(令和3年度)

鍼灸師の年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。

10人〜99人規模に勤める鍼灸師の平均年収は386万円、100〜999人規模は408万円、1,000人以上規模は509万円、10人以上規模平均は423万円となっています。

鍼灸師の年収(規模別)_r3

上記グラフの基タイトルは「その他の保健医療従事者」で臨床工学技士あん摩マッサージ指圧師柔道整復師など他職業を含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

鍼灸師の勤務先の年齢別の年収(令和3年度)

鍼灸師の年収を年齢別に見ると、年齢の上昇にしたがって、年収も上がっています。最も年収が高い世代は、55~59歳の579万円です。

全年代の平均年収は423万円となっています。

鍼灸師の年収(年齢別)_r3

上記グラフの基タイトルは「その他の保健医療従事者」で臨床工学技士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師など他職業を含むデータです。

鍼灸師の福利厚生の特徴は?

一般的な鍼灸院や病院、サロンに勤める場合は、福利厚生も整えられ残業代も支払われます

ただし個人経営の鍼灸院などの場合は福利厚生が整っていないこともあるので、あらかじめ確認しましょう。

鍼灸師の給料・年収の特徴

鍼灸院やサロンでは、歩合制をるところもあります。

歩合制の場合、鍼灸師の実力や患者さんからの指名によって、給料が変動します。

腕を磨き、たくさんの患者さんを治療できるようになれば、他の同年代の鍼灸師よりも大きな収入を得ることが可能です。

鍼灸師の施設別の給料

鍼灸院で働く鍼灸師

鍼灸院で働く場合は、鍼灸院の規模や地域が給料に大きく影響します。

一般的には規模が大きく都心部にある鍼灸院のほうが、顧客も多く単価も高いため給料が高い傾向があります。

マッサージ系の仕事をする鍼灸師

マッサージ系の仕事では歩合制をとる職場も多いため、実力があれば給与は上がります。

あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師の月給は、月給20万円〜25万円くらいが相場で、鍼灸師より給与水準は高めです。

こうした資格を併せ持つ場合は、複数の資格を生かせる職場を探すとよいでしょう。

独立開業して働く鍼灸師

鍼灸師が開業した場合の給与は、売上額に大きく影響されます。

売上の中から営業に必要な家賃や光熱費、諸経費などを差し引き、自分の取り分を決めます。

一般的に、1人あたりの単価が高ければ高いほど売上は増え、自分の手取りも増やすことが可能ですが、あまりに高ければ患者さんの足が遠のいてしまう可能性もあります。

料金をどのように設定するかも、経営者としての腕の見せどころです。

鍼灸の治療は保険の適用が難しく、開業するとなれば経営の勉強も必要になるため、成功は容易ではありません。

鍼灸チェーン店で店長となる場合

鍼灸師は自分で独立して鍼灸院を開業する以外にも、院長になる機会があります。

繁盛すれば月給50万以上も実現可能ですが、実務未経験者がいきなり院長になれるチャンスはそうありません。

まずは治療院などに勤め、しっかりと修業して能力を認められることが大切です。

鍼灸師が収入を上げるためには?

複数の資格を取得する

鍼灸師の就職状況について見てみると、実際には「鍼灸師」としての求人はあまり多くなく、鍼灸師と同様に国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」の資格を併せて取得している人の需要が大きいようです。

こうした複数の資格を持つことで、より多くの仕事をこなせるようになったり、より待遇のいい場所へ転職がしやすくなったりします。

独立・開業を目指す

もし、鍼灸師のみで仕事を続けるのであれば、安定して稼げるようになるためにも、独立することを目標にしてプランを立てておいたほうがよいでしょう。

鍼灸師として経験を積み、独立開業して成功すれば、雇われ鍼灸師の平均年収を超えた年収を実現することも難しくありません。

また、テレビや雑誌などで紹介されるような有名な鍼灸師になれば、年収1,000万円を超えることも可能です。

鍼灸師の給料・年収のまとめ

鍼灸師の平均年収は300万円前後で、決して高いとはいえません。

また、鍼灸の治療は保険の適用が難しく、開業するとなれば経営の勉強も必要になるため、独立の成功は容易ではありません。

収入アップのためには資格を複数取得するほか、やはり独立することを目標にしてプランを立てておくとよいでしょう。