理学療法士の1日・生活スタイル

理学療法士の業務スケジュール

理学療法士は、1日の業務時間の大半を、患者へのリハビリに充てるケースが一般的です。

ただ、現代の医療はチームワークが非常に重要であり、医師看護師作業療法士言語聴覚士といったほかの専門スタッフと連携しながら、患者の治療に当たる必要があります。

このため、朝のミーティングで各患者への治療方針を検討したり、夕方のカルテ作成できちんと記録を残したりと、施設全体で情報の共有を図ることも、リハビリと同じくらい重要な作業といえます。

ミーティングの後には、各患者の主治医と個別に打ち合わせすることもありますし、施設によっては、朝、昼、夕方と、1日3回のミーティングが実施されるところもあります。

また、理学療法士は、1日のリハビリが始まる前に、その日に使う道具類を準備・点検し、大型機械についてはセッティングやメンテナンスも済ませておかなければなりません。

スムーズに日中のリハビリを行うためには、情報確認や事前準備など、朝の時間の使い方が重要になるといえるでしょう。

総合病院で働く理学療法士の1日

総合病院では、さまざまなけがや病気を抱えた患者が入院しており、身体機能の状態には大きな差があります。

また、入院患者だけでなく、退院して自宅などでリハビリを続けている外来患者への治療も行わなければなりませんので、多様な患者に対応するためには、1日のスケジュール管理が非常に重要です。

このため、たとえば午前は自力で移動できる入院患者と外来患者中心、午後は病室から出られない入院患者中心といったように、1日のなかで患者を分けてリハビリを行うケースが一般的です。

なお、医療関係の仕事のなかでは、理学療法士は比較的残業が少ない部類に入る職業であり、長時間残業が連日続くということはあまりありません。

8:30 出勤、ミーティング

スクラブやケーシーと呼ばれる専用着に着替え、ほかの職種のスタッフとミーティングを行います。

9:00 リハビリ

リハビリ室で、入院患者や外来患者のリハビリを実施します。

12:00 昼食休憩

持参した弁当を食べたり、院内食堂を利用したりします。

13:00 リハビリ

入院患者に対して、ベッド上で寝返りや起き上がりといったリハビリを実施します。

16:00 回診

医師、看護師とともに病棟をまわり、各患者の状態を把握して今後のリハビリ計画を検討します。

17:00 カルテ入力

できる限り詳細に各患者の情報を記載します。

17:30 退勤

私服に着替え、ほぼ定時通りに退勤します。

訪問リハビリテーション事業所で働く理学療法士の1日

訪問リハを行う理学療法士は、日中はほとんど事務所に戻らず、1日に平均して5件~6件の自宅訪問を行います。

リハビリを行う時間に加えて、家族からの相談に応える時間や、それぞれの自宅間を移動する時間も必要になるため、1日のスケジュールはタイトになりがちです。

リハビリ自体についても、個人の自宅環境はさまざまですので、居室で行ったり、廊下を使ったりと、それぞれのスペースや保有器具などに応じて、工夫しながら訓練を行う必要があるでしょう。

8:30 出勤

事業所に出勤し、訪問スケジュールなどを確認します。

9:00 自宅訪問

自動車でサービス利用者の自宅をまわり、リハビリを行います。

12:00 昼食休憩

事務所に戻り、持参した弁当などを食べます。

13:00 自宅訪問

午前中に引き続き、利用者をまわってリハビリを行います。

16:00 帰社

事務所に戻り、訪問記録などを作成します。

17:00 面談

新規に訪問リハを希望している患者の家族と面談し、状態などを聴取します。

18:00 退勤

デスクワークが終了次第、帰宅します。

理学療法士の勤務時間・休日