広告制作会社社員に必要な資格、スキル

資格よりもセンスが不可欠

広告制作会社の社員として働く上で、絶対に必要な資格や免許というのはとくにありません。

広告制作会社には「コピーライター」「アートディレクター」「CMプランナー」などの職種がありますが、いずれにしてもクリエイティブな仕事である以上、資格や免許でその実力を証明するのは難しいからです。

コピーライターの仕事
アートディレクターの仕事
CMプランナーの仕事

何よりも作り上げた広告がものをいう業界であり、実力主義が徹底しています。

見る人の心に残る映像や言葉を生みだすセンスがあるかどうか、斬新なアイディアを思いつくことができるかどうか、クライアントや制作スタッフの意図を汲み取るコミュニケーション能力があるかどうかが、何よりも求められるスキルになると考えておいてよいでしょう。

デザインに関連する資格

アートディレクターやグラフィックデザイナーの場合はデザインの仕事に直接携わるので、映像制作の際に使用する機材やソフトを使う能力は磨いておいて損はないでしょう。

グラフィックデザイナーの仕事

illustratorやPhotoshopなどの基本的な使い方、CGアニメーションの制作技術などは、入社前でも自力で勉強することは可能です。

最近では広告制作のデジタル化が進んでおり、デザインの現場にも新しい技術がどんどん取り入れられています。

長年この仕事に携わってきたベテランの社員に比べると、パソコンやスマートフォンに慣れ親しんできた若手のほうが新しい技術に馴染みやすいという傾向もあるので、自分の強みにするためにも腕を磨いておくとよいでしょう。

コンテストにも積極的に参加を

広告業界においては、さまざまなコンテストやコンクールが開催されています。

プロだけではなくアマチュアも参加できるものも多いので、広告のコンテストやコンクールに積極的に参加して入賞歴を作ることで就職の際に実力をアピールする方法もあります。

手作りのCMをプランニングするコンテストや特定の商品やイベントのキャッチコピーを募集するコンクールなどさまざまなものがあるので、自分の実力を発揮できる場を探して挑戦してみてはどうでしょうか。