広告制作会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

美大や芸術学部で勉強を

広告業界の企業を大きく分けると、企画や制作だけではなく営業、市場調査、分析なども含めた幅広い業務を行う広告代理店と、制作を中心に請け負う広告制作会社に分けることができます。

前者の場合は幅広い能力が問われるため難関大学の出身者が多いことで有名ですが、後者の場合はクリエイティブな能力に長けている人材を中心に採用することから、美術大学や芸術学部の出身者が多い傾向があります。

もちろん一般の大学や学部の出身者でも挑戦できるのですが、デザインに関する職種の場合は特に専門性が高いため、大学時代にデザインの基礎やソフトの使い方を勉強をしておくと即戦力になりやすいようです。

美大や芸術学部の有名どころとしては、国立では東京藝術大学、私立では多摩美術大学、武蔵野美術大学などがあります。

また、一般の大学や学部から広告業界をめざす場合は、大学によって「広告研究会」として広告の研究や制作の活動をしていることがあるので、こうしたサークル活動に参加するのもよいでしょう。

デザイン専門学校で勉強する道も

広告制作会社の規模や仕事内容によっては、求人の際に「大学卒業」の学歴を条件としていないところもあります。

こうした企業に就職するのであれば、高校卒業後にデザインの専門学校で学んでから就職をめざすことも可能です。

最近では広告デザインを専門に学べる専門学校や専攻科もあるので、ポスターや新聞広告を制作するために必要なグラフィックデザインの基礎を学んだり、映像を制作するために必要なCG技術を身につけたりすることができます。

専門学校の場合は二年で卒業できるケースが多いので、どうしてもこの分野で働きたいという思いがあり一刻も早く現場に出たいのであれば、専門学校に進学することも選択肢に入れてよいのではないでしょうか。