飲料メーカー社員の仕事、業務内容

飲料を製造し、消費者の元へ届ける

飲料メーカーとは、水、お茶、ジュース、コーヒー…といったさまざまな飲料品を製造し、消費者の元へ届ける会社です。

食品と同様、飲料品も人々の暮らしに深く根付いており、なくてはならないものです。

飲料メーカーでは、世の中のニーズに合わせた商品を考え、生み出し、安全に提供することを役目としています。

どんな仕事があるのか

飲料メーカーの組織は、大きく以下の部門に分けることができます。

マーケティング

「どんな商品が世の中に求められているのか?」商品を企画する仕事です。

市場調査によって消費者ニーズをつかみ取り、新商品を生み出していきます。そして、商品のコンセプトやネーミングなどアイデアを形にしていき、広告宣伝や商品パッケージ、ブランド戦略などについても検討します。

マーケティングの仕事

研究開発

新商品の開発やリニューアルにあたっては、研究開発の仕事も重要な役目を担っています。

新しい成分や効用、よりおいしい商品づくりのための研究活動を日常的に行います。

また、実際に飲料を製造する生産部門と連携し、生産技術戦略を策定したり、工場設備の整備などを行っていきます。

生産

作る商品が決まり、それを商品化するための実際の作業を担うのが生産部門です。

具体的には原材料の調達、製造ラインの確保、あるいは生産技術に関する調査・研究などを行います。

ひとくちに飲料品といっても、その種類は多岐にわたっており、製造過程も飲料ごとに大きく異なります。

人の身体に入るものだけに、安全性を確保することも重要です。

営業

飲料メーカーでは、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、卸店など、さまざまな販売チャネルを持っています。

営業の仕事は、量販チェーンを顧客とする「量販営業」と、酒店や小規模スーパーとつながっている卸店や、企業・大学・病院といった売店を顧客とする「卸営業」に分けられます。

販売チャネル拡大しながら取引先との信頼関係を築き、より多くの人に自社商品が届くように動いていくのが営業の役目です。

物流

生産した商品を各所へ効率的に輸送するためのしくみ作りを行います。

できるだけコストを下げながらも、安全かつ確実に商品を届けるための計画を立案し、スムーズな「物の流れ」を実現します。