社会福祉士の仕事内容

福祉サービス利用者の相談役として活躍 社会福祉士は、病気や障害、生活状況などさまざまな理由によって、日常生活を送ることが困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。 社会福祉士は「社会福祉 … 続きを読む

社会福祉士の役割

福祉全般の相談業務を担う 社会福祉士の仕事は、高齢者、障害者、子どもなど日常生活において、何らかの支障がある人たちの相談に乗ったり、助言や指導を行い、生活の質を少しでも向上できるようにサポートする仕事です。 ケースワーク … 続きを読む

社会福祉士の魅力

コミュニケーションスキルが身につく 社会福祉士の仕事は、自分自身の人間性を育むためにも一役かっているといっても過言ではありません。実生活でも役に立つ、「コミュニケーション力」を身につけることができるのです。 カウンセリン … 続きを読む

社会福祉士の就職先と活躍の場

社会福祉士の活躍の場はさまざま 社会福祉士の活躍の場は、 ・老人ホームや児童福祉施設 ・知的障害者施設などの社会福祉施設 ・地方自治体の福祉事務所 ・病院、保健所などの医療機関 ・福祉サービスを行う民間企業 などになりま … 続きを読む

社会福祉士と介護福祉士の違い

社会福祉士について 仕事内容・役割 社会福祉士は、年齢、性別、障害の枠を超えて、日常生活になんらかの問題を持つすべての人に、一対一で問題の相談にのり、助言や指導を行って援助することがおもな仕事です。 福祉関係全般の幅広い … 続きを読む

社会福祉士と精神保健福祉士の違い

社会福祉士と精神保険福祉士 社会福祉士と精神保健福祉士では、サポートの対象となる人の違いが大きな相違点となっています。 社会福祉士は、高齢者、障害者、子どもなど、すべての人を対象として相談援助を行うのに対し、精神保健福祉 … 続きを読む

公務員の社会福祉士

公務員として働くメリット 社会福祉士の活躍の場は多岐にわたり、働き方もさまざまです。 なかには公務員という立場で、自治体の福祉課や生活保護課といった福祉関連の部署で働く人もいます。 これから社会福祉士の資格を取得しようと … 続きを読む

社会福祉士のやりがい

これからの社会変化に対応する社会福祉士 日本はこれからいやおうなく超高齢化社会に向かって進んでいくことが明らかです。 高齢者に比べ、子どもや青年の数が極端に少なく、数少ない働き手が多くの高齢者を支えていく社会になりつつあ … 続きを読む

社会福祉士のつらいこと、苦労

社会福祉の専門職だからこその苦労とは? どんな仕事でも苦労はつきものです。就職後「こんなはずじゃなかったのに!」思うことはよくある話です。 とくに社会福祉士は人との関わりが主な業務となりますから、人間関係のトラブルに陥り … 続きを読む

社会福祉士とケアマネジャーの違い

一見似たような仕事と思われがちな社会福祉士とケアマネージャーのお仕事。 しかし、実際には大きな違いがあるのです。今回はそんな二つの仕事の違いについてご説明しましょう。 国家資格と任用試験の違い 社会福祉士は、昭和62年6 … 続きを読む

社会福祉士と社会福祉主事の違い

「社会福祉主事」とは? 社会福祉士と近しい職種に、社会福祉主事があります。 社会福祉主事は、福祉事務所の現業員(家庭訪問、面談、生活指導などを行う職員のこと)として任用される場合に要求される任用資格です。 社会福祉主事任 … 続きを読む

社会福祉士の現状と将来性

活躍の場が広がる社会福祉士 社会福祉全般の相談支援を担う社会福祉士の役割は増えつつあります。 とくに近年ではDVや児童虐待などの卑劣な事件が続発しており、被害を未然に防ぐための婦人相談所、児童相談所の相談支援体制の強化が … 続きを読む

高齢化社会における社会福祉の役割

今後10年で70歳以上の高齢者が急増 現在の日本は、歴史上経験のない超高齢化社会に向かっています。第一次ベビーブーマーの人口は1000万人を超え、我が国の総人口の1割近くを占める大きさとなっています。 そのため、今後10 … 続きを読む

DV被害に対応する社会福祉士

女性のさまざまな相談支援を行う社会福祉士 「婦人相談所」は、さまざまな問題を抱え、平穏な生活を送ることが難しい女性たちのセーフティネットとしての役割をもっています。 婦人相談所には多くの社会福祉士が所属し、女性に対する相 … 続きを読む

社会福祉士と成年後見制度

成年後見人ってどんな制度? 認知症や知的障害、精神障害などを理由に、不動産や預貯金などの財産の管理、遺産分与、生活を営む上で必要となる公的なサービスや施設入所に関する契約を正しくおこなうことが難しい人に対して、財産の保護 … 続きを読む

児童福祉司の仕事、なるには

社会福祉士が活躍する領域のひとつ 「児童福祉司」は、児童相談所において、相談員として活躍する人のことをいいます。 児童福祉法では、子どもの定義を「18歳未満の児童」としています。 その18歳未満の子どもの育て方の悩みや、 … 続きを読む

社会福祉士の業務

日常生活を送るのが困難な人の相談にのり、援助をする 社会福祉士の役割は、高齢や障害などの理由によって日常生活を送ることが困難な人の相談にのり、さまざまな社会資源を活用して支援を行うことです。 ここでいう社会資源とは、国や … 続きを読む

社会福祉士とケアマネージャーの違い

社会福祉士とケアマネジャーは、どちらも福祉領域で働く専門職ですが、仕事内容や役割などには違いがあります。 ここでは、両者のさまざまな違いについて紹介していきます。 社会福祉士の仕事とは 社会福祉士は、自治体の福祉施設や医 … 続きを読む

社会福祉士とソーシャルワーカーの違い

社会福祉士とソーシャルワーカーは同じ? 社会福祉士について調べていくと、必ず「ソーシャルワーカー」という言葉をしばしば見かけることになるでしょう。 社会福祉士とソーシャルワーカーは同じ仕事という認識を持っている人もいるか … 続きを読む

社会福祉士と精神保健福祉士の違い

どちらも福祉領域で困っている人を助ける専門職 社会福祉士と精神保健福祉士は、両者とも福祉領域の国家資格であることから、違いがわかりにくいという印象があるようです。 実際、どちらの仕事も、身体や精神上の問題などによって日常 … 続きを読む

社会福祉士の需要

高齢者に対する需要が拡大 社会福祉士は、高齢や病気、障害といった何らかの理由によって日常生活を送ることが難しい人の相談にのり、助言や指導を行う仕事です。 「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」「児童福祉」など幅広く福祉 … 続きを読む

社会福祉士の独立

独立型社会福祉士とは 社会福祉士は、福祉事務所や社会福祉施設などに勤務するほか、独立して自ら事務所を開業し、働くこともできる仕事です。 こうした、事業所に所属する以外の社会福祉士のことを一般に「独立型社会福祉士」と呼び、 … 続きを読む

社会福祉士の「倫理綱領」とは

倫理綱領に書かれていること 社会福祉士として働こうとする人が必ず目にすることになるのが、社会福祉士の「倫理綱領(りんりこうりょう)」といわれる文章です。 倫理綱領とは、なかなか私たちの日常生活では馴染みのない言葉ですが、 … 続きを読む

仕事体験談