空間デザイナーへの転職、未経験採用は?

インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターなどの同業種からの転職多し

空間デザイナーへの転職者で、比較的数が多いのが、仕事内容が近いといえるインテリアデザイナーやインテリアコーディネーターです。

実際、インテリアコーディネーターとは仕事のすみわけもかなり曖昧で、カフェやホテルなどのインテリアコーディネートを手掛ける空間デザイナーもいれば、ディスプレイも手掛けるインテリアコーディネーターもいます。

担当する仕事内容に厳密な境界線もないので、どちらの業種からの転職もあります。

待遇・給与面などの他に、住居などの実用的な空間から離れ、イベントやディスプレイなど少し現実から離れた表現をしたいという人や、自由な物を創りたいという理由も多くみられます。

グラフィックデザイナーなどデザイン系からの転職もあり

他にデザイン業界からの転職者も見受けられます。

その職種もプロダクトデザイナーから、インテリア広告などを手掛けるグラフィックデザイナー、本や雑誌などのデザインを手掛けるエディトリアルデザイナーまでさまざまです。

グラフィックデザイナーの仕事
プロダクトデザイナーの仕事

専門知識はなくても、基本的なデザイン知識があるので転職も比較的スムーズです。

空間デザイナーの仕事は、幅が広く、ときにはポスターや空間に飾る絵画や装飾物まで用意することもあるので、これまでのスキルも要所要所で活かせることもでてきます。

大事なのは、やる気と、根気と、基本的なデザインセンス、それが備わっていて、真面目な人であれば、どこの企業でも積極的に採用されるでしょう。

20代ならばまったくの未経験採用もあり

製図引き&設計図解読、工具の扱い方、資材の知識など、専門知識が多々必要になる空間デザイナーの仕事。

それだけに新卒以外の未経験採用はなかなか厳しいものがあります。

とくに少数精鋭のデザイン事務所にとっては、すべての専門知識を一から教えないといけないのは少なからず既存社員の足をひっぱることになりかねません。

では未経験採用はゼロかというとそんなこともなく、20代などの若くてやる気がある人なら採用される場合も多くあります。

また最初はアルバイトとして働きながら経験を積み、契約社員、社員へとステップアップするケースも多々あるようです。

未経験だからこそ必要なスキルとは?

では、未経験採用で見られる点はなんでしょうか?

会社によっても異なりますが、「真面目で素直であるか」、「丁寧であるか」、「健康であるか」という点は重要です。

さまざまな人と協力しながら仕事を進めることが多い空間デザイナーですから、急な体調不良で休んだり、雑な仕事をする人は歓迎されません。

またいろいろと新しいことを教える機会が多いため、仕事に関する説明だけでなく、意見や注意を素直に聞けなそうな人は不採用になることもあります。

いずれも特別なことではなく、どの仕事でも必要とされる大事な要素ともいえるでしょう。