国家公務員の俸給表・給与表とは

「俸給」とは何か

国家公務員の給与は「給料」と「諸手当」で成り立っており、給料は法律で定められた「俸給表」に沿って支払われます。

「俸給」という言葉に馴染みのない人もいるかもしれませんが、これは国家公務員に対して支払われる給料のことを意味し、諸手当は除いたいわゆる「基本給」のことを指します。

国家公務員の俸給表は、携わる職務の種類などによっていくつもの種類に分かれています。そして、自身に適用される俸給表の中で、さらに経験年数や役職ごとに支給される額が決定します。

なお、地方公務員については国が定める俸給表ではなく、地方公共団体ごとに定められた「給料表」というものによって給料が決定されます。

俸給表のしくみと種類

国家公務員の給料は、俸給表における「級」と「号給」の組み合わせで決定されます。

横軸にある「級」とは、職務の複雑さや困難さ、責任度合いによって区別されます。級が上がることを「昇格」といいます。

縦軸にある「号給」とは、同一の級をさらに細分化するもので、職務経験年数による職務の習熟度が給与に反映されます。号給が上がることを「昇給」といいます。

この、横軸と縦軸が合わさったところが、支給される給料の額ということになります。

国家公務員の主な俸給表の種類は、以下の通りです。

行政職

中央省庁などで政策の企画・立案や事務等に携わる職員など

専門行政職

植物防疫官、家畜防疫官、特許庁の審査官や審判官、船舶検査官、航空管制官など

税務職

税務職員

公安職

警察官、皇宮護衛官、入国警備官、刑務所に勤務する職員など

海事職

船長、航海士、機関長、機関士等

医療職

病院、療養所、診療所等に勤務する医師、歯科医師、剤師、栄養士など

俸給表の改定について

国家公務員の給与は、毎年民間の給与水準を調査したうえで、それに準拠する形で決められるものとされています。

人事院は、国会や内閣に対して給与等に関する勧告を行うこととなっており、これに基づいて政府が給与法改正案を国会に提出し、議会で可決されると、職員の給与改定が行われます。