建築士になるには

試験には「受験資格」が必要

建築士は国家資格を取得した人しか就くことのできない職業です。建築士をめざす人は、まずはこの国家試験に合格しなければいけません。

しかし、試験は誰もが受けられるというわけではなく、「学歴」と「実務経験」などの受験資格を満たす必要があります。

この「学歴」と「実務経験」は関連性があります。たとえば、高校の建築・土木科を卒業した人は、実務経験が3年以上積めば建築士の試験が受けられるようになります。

次に、大学・短大・高専の土木科を卒業した人は、実務経験を1年以上積めば試験が受けられるようになります。さらに、大学・短大・高専の建築学科を卒業した人は、実務経験なしに試験を受けることができます。

では、土木科や建築学科を卒業していない人には受験資格がないのかというとそうではありません。実務経験を7年以上積めば、試験を受けられるようになります。他のケースよりも長い期間の実務経験が必要ですが、学歴に関係なく建築士になるため、この道を選ぶ人も多数います。

なお、ここで言う「実務経験」とは設計事務所や建設会社や工務店で建築物の設計・工事監理・施工管理業務などをしたり、大学や研究所で建築に関する研究・教育をしたりすることを指します。

「一級建築士」をめざすには

建築士と一口に言っても、実際は「木造建築士」「二級建築士」「一級建築士」と資格の種類が分かれており、それによって扱える仕事の内容も変わってきます。

「木造建築士」は、1階または2階建てで延べ面積300平方メートル以下の木造建築物の設計や工事監理を行い、いわゆる木造の住宅をメインに扱う建築士になります。

これに対して「二級建築士」は、延べ面積500平方メートル以下の建築物の設計や工事監理を行えるので仕事の幅は広がります。さらに「一級建築士」になると、あらゆる建築物の設計や工事監理を行うことができるようになります。

先述の受験資格で述べたのは、「木造建築士」と「二級建築士」の受験資格です。一般的には、この資格試験に合格した人が実務経験を積んだ後にさらなるキャリアアップをめざして「一級建築士」の資格を取得します。

一級建築士になるには二級建築士としての実務経験が求められるため、長い道のりが必要です。いずれにしても、建築学科を卒業しておくことが、建築士になる近道となります。

建築士になるには

資格+実力があってこそ

このように建築士の資格を取得するまでにはさまざまな苦労がつきものですが、資格を取得したからと言って必ずしも建築士としての未来が保証されているわけではありません。

建築の世界は厳しい実力主義の世界であり、他の人にはマネできないようなアイディアやセンスを持っていなければ、そもそも設計事務所に採用されることさえ難しいからです。

建築士の資格の取得は、あくまでも、建築に関する最低限の知識や技術を身につけていることを証明してくれるスタートラインであり、そこから先は本人の努力と実力で就職先を見つけて実績を残していかなければいけません。

こうした厳しい現実もあり、大学の建築学科を卒業しても建築士の資格は取得せずに、ゼネコンやハウスメーカー、不動産会社などの社員をめざす学生も多数います。

建築に関係する仕事に携われれば良いのか、なにがなんでも建築士として仕事がしたいのか、よく考えたうえで進路を定めることが大切です。

建築士に求められる能力

設計を行うときには、建築学にもとづき、建物の構造などの計算を行うため、数学や物理などの理数系の能力が必要となります。

魅力的な建物を建築するためには、デザインセンスや創造性も大切です。そして、構造やデザインだけでなく、周囲の環境や依頼主の細かい要望なども考慮して設計する構想力も求められます。

工事監理では、現場の担当者・作業者とのコミュニケーションも大事であり、総合的な能力が必要とされる仕事です。