建築士の勤務時間・休日

お客さまに合わせた勤務時間

建築士の顧客は、担当する建築物の種類によってさまざまです。

コンサートホールや公園など公共の施設の場合は行政との打ち合わせがメインになりますし、オフィスビルの場合は民間の企業が多く、住宅の場合は一般家庭がお客さまになります。

このため、基本的にはお客さまのスケジュールに合わせた時間帯で打ち合わせをしながら、それ以外の時間帯に会社で設計図を描いたり建築中の現場に行って現場監督をしたりすることになります。

勤務時間や休日も担当している案件によってまちまちですが、家庭向けの住宅を担当している建築士はどうしても土日や祝日に打ち合わせが入ることになるため、平日に休みをとることになるのが一般的です。

納期前の過酷なスケジュール

建築士のスケジュールは、基本の勤務時間として9:00〜18:00頃までとなっていることが多いですが、実際は全くこの通りにはいきません。

建築の仕事には、常に「納期」がつきものです。設計図は、家づくりの方向性を定めるための最も大切な土台であり、設計図ができなければ大工や左官などさまざまな職業の人たちが工事を始めることができません。

建築士は、なにがなんでも、設定された納期に間に合わせなければいけないのです。

このため、締め切り前の作業は大変過酷なものになります。予算の関係やお客さまの意見の影響などで直前になってからのやり直しが発生したときなどは、夜遅くまで作業をしても終わらないということもあります。

食事休憩をろくに取れないままの作業になったり、事務所で仮眠をとったりしながら作業を続けることもあり、ひどいときには連日徹夜での作業になったりすることも珍しくありません。

そのぶん、無事に納期を乗り越えたあとにはゆっくり連休をもらえることも多く、忙しさに波のある仕事だと言えます。