医療機器メーカー社員に必要な資格、スキル

営業は特別な資格が求められない

医療機器業界というと、非常に専門性の高い仕事で、難しい資格やスキルが必要なのではないかと思う人も多いかもしれません。

医療機器メーカーにおける職種の代表的なものに営業職がありますが、営業については、入社時点で特別な資格が必要とされることはほとんどありません。

もちろん、業務を進めていくうえでは医療に関する知識・技術、製品について勉強しなければなりませんが、それは入社後の勉強で十分にまかなえると考えられています。

それ以上に、営業としてのスキルやセンス、つまりは折衝力やよい人間関係を築く力、信頼性などが強く求められます。

ただし、医療機器メーカーの営業は、ときに手術などの臨床現場に立会うことがあります。そこできちんと製品の特徴などを説明できるように、日々の勉強は不可欠です。

営業に対して、設計、品質管理、研究開発などの技術系や専門職系職種として働きたい場合には、基本的に機械系、電気・電子系などの学部・学科を出ていることが求められます。

資格やスキルがあると活躍できる職種

医療機器メーカーのなかでも、いくつかの資格を持っていることで、特別な職種に挑戦できる可能性が高まります。

たとえば「臨床工学技士」の国家資格を持っていれば、営業支援の仕事に就くことができるでしょう。

臨床工学技士は一般的に医療現場で働く人が多いとされていますが、医療機器メーカーでも採用するケースは多々あり、専門的な見地から、医療機器の性能や効果を医療機関に対して説明します。

臨床工学技士の仕事

このほか、医療機器の保守・点検などを担当する「サービスエンジニア」として働く場合には、工学系の専門知識を有しているか、機械や電気、ITなどの分野でメンテナンスエンジニアとしての経験を持っていると積極的に採用されているようです。

サービスエンジニアの仕事

また、得意先回りをする際には車移動が多くなるため、「普通自動車免許」が求められるケースは多いようです。