インテリアデザイナーの1日のスケジュール・生活スタイル

インテリアデザイナーの業務スケジュール

インテリアデザイナーは、毎日決まった時間に決まった作業をこなすというタイプの職業ではありません。

各自が複数のプロジェクトを抱えて、同時並行で打ち合わせやデスクワーク、現場作業を進めていくケースが一般的であり、日によって仕事内容はばらばらです。

事務所から一歩も出ず、設計図面の作成だけを行う日もあれば、工事現場での監修作業だけで1日が終わることもあります。

さらに、修正作業や追加作業が入ることもしょっちゅうあり、1日のなかのスケジュールも刻一刻と変化していきます。

インテリアデザイナーには、その場その場で臨機応変にスケジュールを調整していく、柔軟な対応力が必要になるといえるでしょう。

建築設計事務所で働くインテリアデザイナーの1日

建築設計事務所で働くインテリアデザイナーは、設計作業や資料作成といった事務所内での仕事と、顧客訪問や家具の買い付け、工事現場の監修といった外訪仕事の双方をバランスよくこなすことが求められます。

クライアントや建築士、工事業者など関わる人も多いため、1日はさまざまなスケジュールでぎっしり詰まっていることが多く、時間に追われがちです。

とくに納期間近になると、夜遅くまで作業に追われる日も珍しくありません。

9:00 出勤
パソコンを立ち上げてメールをチェックし、案件ごとにミーティングを行います。
10:00 デスクワーク
担当している店舗のリニューアル案件について、レイアウト図面を作成します。
12:00 昼食休憩
外へ食べに行ったり、持参した弁当を食べたりします。
13:00 顧客プレゼン
クライアントを訪問し、考えたコンセプト案を説明します。
15:00 業者面談
事務所に戻って、内装業者と発注する資材について打ち合わせを行います。
17:00 現場作業
工事中の現場を訪れ、職人とともに内装作業を行います。
19:00 帰宅
仕事に一区切りついたら、現場から直帰します。

フリーランスで働くインテリアデザイナーの1日

フリーランスで働くインテリアデザイナーのスケジュールは、企業に勤める場合にも増してさらに流動的になります。

自宅とオフィスを兼用にするケースが多いため、通勤時間もなく、昼食などの休憩時間も自由ですし、その日何をするかも自分の意思ひとつです。

ただし、終業時刻が定まっていないからこそ、ついキリがなく仕事をしてしまって、残務処理をしているうちに日付が変わり、ほとんど丸1日仕事漬けという日も珍しくないようです。

9:00 メールチェック
パソコンを立ち上げてメールを確認し、クライアントに返信します。
10:00 図面作成
担当しているイベントの完成イメージ図面を作成し、配色などの仕様を考えます。
12:00 昼食休憩
自宅のキッチンで手早く食事を済ませます。
13:00 顧客訪問
クライアント先を訪れ、出来上がった資料を基に打ち合わせを実施します。
15:00 デスクワーク
図面の修正や見積もりの作成、資材の発注などを行います。
17:00 現場訪問
イベント準備中の設営現場を訪れ、職人に細かい指示を出します。
19:00 発表会出席
家具メーカーの新作発表会パーティに出席します。

インテリアデザイナーの勤務時間・休日