インテリアデザイナーになるための学校(大学、学部、専門学校、講座)

インテリアデザイナーになるための学校の種類

インテリアデザイナーになるにあたって、資格や学歴などはとくに必須ではありません。

どこかの学校に通わなくても、必要な知識やスキルは、すべて就職後に実務経験を通して学ぶということも可能です。

しかし、インテリアデザイナーには、家具や什器などの知識はもちろん、配色や色彩などのデザイン知識や、ものづくりに関する造型知識、建築設計の知識など、複数のジャンルにわたる専門知識が求められます。

このため、美術や建築、工芸などを学べる学校に通って、どれかひとつでも一通りの知識を身につけてから就職することが望ましいといえます。

また、関連する学歴があったほうが、採用競争上も有利となりやすいのは間違いなく、学校によってはデザイン事務所などとパイプがあり、就職先を斡旋してくれるケースもあります。

インテリアデザイナーに必要となる知識が幅広いぶん、進学先の選択肢もかなり豊富で、大学や短大、専門学校、民間の予備校など、さまざまな学校の学部・コースが考えられます。

以下では、インテリアデザイナーを目指せる学校について、それぞれの特徴をご紹介します。

インテリアデザイナーになるには

インテリアデザイナーになるための大学・学部

インテリアデザイナーを目指せる大学としては、工芸学部や美術学部の、インテリア学科や空間デザイン学科、環境デザイン学科、建築学科などがあります。

それらの学部・学科では、入学時点ではインテリアコーディネーター志望の人と区別されず、合同で授業を受けて、その後、3年の進級時にあらためて専攻を決めるという学校もよくあります。

大学では、インテリアデザインに関する知識だけでなく、その周辺にある関連知識や、さまざまな一般知識を学べる点が大きな特徴であり、社会人としての教養を身につけるのに役に立ちます。

また、大卒という学歴が得られる点も、就職活動上大きなアドバンテージとなるでしょう。

なお、そうした学科を創設している大学のなかには、一般大学だけでなく美術大学もあり、より芸術的センスを磨きたいという人については、美大に進学したほうが希望にかなっているかもしれません。

ただ、美大では学科試験のあとに、デッサンや立体構成、平面構成などの実技試験が課されるケースが一般的で、その倍率は数倍、ときに数十倍に及ぶこともあり、入学難易度は高めです。

さらに、美大は、学費面についても一般の大学をはるかに上回ることが多く、4年間で総額1000万円以上かかる学校も珍しくありません。

インテリアデザイナーになるための専門学校

インテリアデザイナーを目指せる専門学校は、建築系やデザイン系、工業技術系の専門学校の、インテリアデザインコースや空間デザインコースなどが挙げられます。

学校によっては、ショップデザイン専攻やインテリアコーディネート専攻、インテリアスタイリスト専攻など、特定の内容に細分化されているところもあります。

授業は大学よりも実践的なものが多く、広く一般教養を身につけるというよりは、就職した後に現場で活用するための知識や資格を身につけることに重点が置かれます。

専門学校の大きな特徴は、入試が課されないところが多いという点であり、入学のしやすさが魅力です。

また、インテリアデザインを学べるコースのほとんどは3年制であり、4年制大学と比べて1年早く社会に出られることも大きなメリットといえるでしょう。

短期間で集中して学び、早く即戦力となりたいという人については、大学より専門学校のほうがおすすめです。

インテリアデザイナーになるためのスクール・通信講座

民間の資格専門学校や予備校、通信講座のなかにも、インテリアデザインを学べるコースや関連資格を取得できるコースが多数開設されています。

こうしたインテリア関連の講座は女性からの人気が高く、主婦やOLなどの受講生が目立ちます。

インテリアデザイナーになるにあたって、とくに年齢制限などはありませんので、社会人としてほかの職業に就いている人が、勉強して転職を目指すというケースも少なくありません。

また、転職といった具体的なことまでは考えていなくても、インテリア好きな人が、趣味の延長線上にこれらの講座を受講するケースもあり、本気度合いは人それぞれです。

ただ、趣味の範囲にとどまっているうちはまだしも、生業として本格的にデザイン業を営むとなると、上述した美大卒や専門学校卒の人と争うことになりますので、厳しい競争となる覚悟が必要です。