デザイン専門学校とは? 就職先はWebや建築、アパレルなど幅広い | クリエイティブを仕事にしたい方へ

(読了時間:12分53秒)

デザイナーを目指す人たちが多く通っているデザイン専門学校。

そこでは、どのような授業が行われ、卒業後はどのような道に進んでいくことができるのでしょうか。

このページでは、デザイン専門学校のさまざまな特徴について紹介していきます。

デザイン専門学校とは

デザイン専門学校とは、さまざまな「デザイン」についての専門的な知識と技術を学べる学校のことを意味します。

ひとことで「デザイン」といっても、Webやグラフィック、イラストレーション、インテリア、建築、ファッションなど、デザインが活用される領域は多岐にわたっており、各方面でデザイナーが活躍しています。

デザイン専門学校では、こうした各領域のデザイナーとして活躍するために必要な知識を身につけていくとともに、デザインのスキルを磨き上げ、現場の第一線で活躍できる人材を目指します。

デザイン専門学校ごとに設置されている学科・コースは異なり、たとえば建築やインテリア系に強い学校もあれば、ファッションやヘアメイク系のデザイナーを多数輩出している学校もあるなど、特色が異なります。

幅広くデザインを学べる学校もありますが、より将来の目標に近付くための勉強をするためには、入学前に学科や専攻選びをしっかりと行っておくことが重要です。

デザイン専門学校で勉強すること、授業科目

デザイン専門学校で勉強すること

デザイン専門学校では、デザインに関するさまざまな学びをすることができます。

ひとことで「デザイン」といっても、そのジャンルは以下のように多岐にわたります。

・ビジュアルデザイン
・グラフィックデザイン
・映像デザイン
・イラストレーション
・マンガ
・アニメーション
・インテリアデザイン
・プロダクトデザイン
・建築デザイン
・ファッションデザイン

デザイン専門学校のなかには、デザイン総合校として上記の幅広い分野について複数の学科・コースを設置している学校もあれば、グラフィックだけを中心に学べるようなカリキュラムとなっている学校もあります。

いずれにしても、デザインの基礎的な知識から実践力を身につけていき、卒業後はデザイナーとして各分野で活躍できる人材を目指します。

デザイン専門学校の授業科目

デザイン専門学校の授業科目は学科や専攻によっても変わってきますが、IllustratorやPhotoshop、CADといったデジタルソフトの扱い方をはじめ、デッサン、美術史、色彩学といった授業は基礎的な科目としてたいてい用意されています。

さまざまな画材や道具を使い、多彩な表現方法を学びながら、アイデアやイメージを形にしていくための発想力・創造力を高めていきます。

デザイン実務に関連する資格取得のための授業もあり、在学中に資格取得を目指すことが可能です。

実習や演習、制作の機会も多い

デザイン専門学校の授業の特徴は、座学のみならず、実習や演習など実際に手を動かす授業が多くあることです。

デザインの理論を身につけることも必要ですが、身につけた知識を具現化する力を高めていくために、日々制作を行って講師のアドバイスを受けるという流れを繰り返します。

校内発表会などプレゼンテーションの機会もあり、仲間たちの作品に刺激を受けながら、デザイナーとしてのオリジナリティやセンス、実力を磨いていくことを目指します。

デザイン専門学校では、デザインの基礎の基礎から学ぶことができますが、実際にデザイナーが活躍できる領域は多岐にわたっており、希望の進路に応じて学ぶべきことも少しずつ変わってきます。

まずは自分がどのようなジャンルのデザイナーになりたいのかをイメージして、学科や専攻選びをしていくとよいでしょう。

デザイン専門学校から目指せる職業・仕事

デザイン専門学校から目指せる職業・仕事

デザイン専門学校では、さまざまな種類のデザインについて専門的に学びます。

「デザイン」といってもその内容は幅広く、専攻する学科・コースによって、以下のように多様な職業・仕事を目指すことができます。

グラフィックデザイナー
Webデザイナー
・映像デザイナー
イラストレーター
キャラクターデザイナー
プロダクトデザイナー
パッケージデザイナー
インテリアデザイナー
・建築デザイナー
空間デザイナー
ファッションデザイナー
・ヘアメイクデザイナー
漫画家
アニメーター

ポスターやチラシなどを作るデザイナーから、ファッションやヘアメイクのデザイナー、さらにはマンガやアニメのデザイナーまで、デザイン専門学校から目指せる職業や仕事は多岐にわたっています。

学校によって目指せる職業・仕事は異なる

ひとくちにデザイン専門学校といっても、すべての学校で上記で挙げた職業・仕事を目指せるわけではありません。

学校によって設置されている学科・コースは異なり、学校によって建築やインテリア系に強いところもあれば、ファッションやヘアメイク系のデザイナーを多数輩出しているところもあるなど、特色も異なります。

幅広くデザインを学べる学校も多くありますが、より将来の目標に近付くための勉強ができるよう、入学前に学科や専攻選びはしっかりと行っておくことが重要です。

学校によっては、1年次から2年次に進級する際などに、学科や専攻を変えることができるような制度を設けているところもあるようです。

デザイン専門学校の学費、費用

デザイン専門学校の学費

デザイン専門学校は、おもに2年制の学校と3年制の学校があります。

修業年限が長ければ長いほど卒業までにかかる学費の金額も大きくなりますが、年間の学費は、100万円~150万円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。

卒業までに必要な学費は、2年制で200万円~300万円程度、3年制で300万円~400万円程度となる学校が多いようです。

学費には、授業料、施設・設備費、実習費が含まれるのが一般的で、初年度は入学金の納入も必要です。

デザイン専門学校の授業ではコンピューターなど最新の機材を使うことが多いため、学費はやや高めとなっています。

夜間部では昼間部よりも多少学費は安く、学校によっては半額程度で学ぶことが可能です。

デザイン専門学校の費用

学費以外にも、教科書代・教材費、研修旅行費、卒業アルバム制作費などが別途必要になります。

その金額は10万円~20万円程度が相場となるでしょう。

また、最近ではデザインをデジタルによって行うことも一般的になっており、学科・コースによっては個人用パソコンやタブレット等の購入が求められることもあるため、お金は余裕を持って準備しておいたほうがよいかもしれません。

このほか、学校に通うための交通費、もし一人暮らしをするのであれば家賃や食費、水道光熱費などの生活費も必要です。

ただし、学校によっては学生寮があり、格安で住める場合があります。

学費サポートについて

デザイン専門学校では、学生が安心して学べるようにさまざまな学費サポート制度を用意しています。

たとえば特待生制度では、「高い学習意欲がある」などの観点から特待生として認められることで、学費が全額あるいは一部減免となることがあります。

また、学校独自の奨学金制度や公的な奨学金制度、国の教育ローンなどを活用して、経済的負担を減らしながら学ぶことも可能です。

こうした学費サポートの内容は学校ごとに異なるので、各学校の情報を調べてみてください。

デザイン専門学校への進学を考える場合には、事前に各学校の学費や、それ以外の費用についてよく確認してください。

最近ではさまざまな学費サポート制度を用意している学校も増えており、そうしたものを活用しながら無理なく学んでいる人もいます。

デザイン専門学校の就職先、就職率、 卒業後

デザイン専門学校の就職先

デザイン専門学校のおもな就職先としては、出版社、編集プロダクション、印刷会社、Web制作会社、映像制作会社、建築設計会社、住宅メーカー、インテリア会社、イベント制作会社、ジュエリーメーカー、アパレル会社など、さまざまな企業が挙げられます。

「デザイン」とひとくちにいっても、グラフィックから映像、Web、アパレル、建築、インテリア、ファッションなどさまざまなジャンルのデザイナーがおり、活躍する領域も多岐にわたります。

在学中、専門的な勉強をしながら自分が本当にやりたいことを明確にしていくと同時に、インターンシップを経験して、就職先を具体的に絞り込んでいく人もいるようです。

充実の就職サポート制度

デザイン専門学校では、どの学校でも学生の就職サポートに力を入れています。

入学すると、早い段階から就職を見据えたガイダンスや進路指導、企業説明会などがスタートし、将来の進路について具体的かつ真剣に考えていくことができます。

デザイン専門学校には、各業界で活躍中の卒業生とのつながりもあり、それを利用して第一線で活躍している先輩の話を聞いたり、さまざまな企業の情報を集めやすい環境も整っています。

また、デザイナーとしての就職活動では提出を求められることが多い「ポートフォリオ」の作り方などもアドバイスしてもらうことができ、時間をかけて就職活動の準備に取り組むことが可能です。

デザイン専門学校の就職率・卒業後

では、肝心の専門学校の就職率はどれくらいかというと、正確な数字を公表している学校と、公表していない学校がありますが、高いところでは毎年90%~100%の就職率で安定的に推移しているようです。

デザイン専門学校では、先に見てきたような充実の就職サポート制度があり、入学直後から就職先決定まで、一人ひとりのキャリアをバックアップしてくれます。

専門学校では業界とのネットワークも強く、多数の求人が集まってくるため、こうしたサポートを受けて、希望通りの就職を実現している先輩たちが大勢います。

デザイン専門学校では、毎年、多くの人がデザイナーとしての第一歩を踏み出しています。

デザイン専門学校によって、どの領域への卒業生を多く輩出しているかは異なるので、気になる人は各学校の就職情報を調べてみてください。

働き方はさまざま

デザイン専門学校を卒業した人たちは、デザイン会社や出版社、アパレル会社、映像制作会社など、さまざまな企業へと就職を果たしています。

正社員として働ことはもちろんですが、人によってはフリーランスのデザイナーになったり、独立して自分のデザイン事務所を立ち上げたりと、将来的にはさまざまな道へ進んでいます。

デザイン専門学校では、デザインやアート、マンガ、アニメといったクリエイティブ業界で、デザイナーとして活躍するための知識・技術を身につけていくことができます。

デザイナーの就職先や活躍の場は多様な領域にわたっているので、どのようなジャンルで活躍したいか考えてみてください。

デザイン専門学校の入試、志望動機、面接

デザイン専門学校の入試

デザイン専門学校の入試は、以下の3種類の方法で実施されるのが一般的です。

・AO入学
・推薦入学
・一般入学

AO入学は、成績よりも人物重視で評価される入学制度で、本人の熱意や意欲、向学心などによって合否が判断されます。

推薦入学は、在学中に学校から推薦される学校推薦や、専門学校側が指定する高校から応募できる指定校推薦、自分自身を推薦する自己推薦などの制度があります。

一般入学は、学歴などの条件を満たす人であれば自由に応募できる入学制度となっています。

これらの入学制度が行われることが多いですが、さらに社会人などは別区分での入学試験が行われるような学校もあります。

デザイン専門学校の志望動機の考え方

デザイン専門学校は、デザインの専門的な勉強をすることで、将来はデザイン関連の職業・仕事に就きたいと考える人が通うケースがほとんどです。

ただし、デザイナーといってもWebやグラフィック、イラストレーション、インテリアなど活躍する領域が多岐にわたり、専門学校で学べる内容もさまざまです。

現時点で自分が具体的にどのような勉強をして、どのような方向に進んでいきたいかをしっかりと考えて、その仕事に興味を持った理由をまとめてみるとよいでしょう。

また、デザイン専門学校がいくつもあるなかで、その学校を志望する理由を伝えられるようにすることも大事です。

カリキュラムや授業内容、校内イベント、就職状況などを調べて、その学校に進学したいと思う理由も志望動機に含められるとよいでしょう。

デザイン専門学校の面接のポイント

デザイン専門学校の入試では、書類審査などのほかに面接が行われることがあります。

面接といっても特別に難しいことを聞かれるわけではなく、志望動機を中心に、受験生がその学校で何を学びたいのか、学ぶ意欲があるのかどうかを確認する場だと考えておけばよいでしょう。

入試の時点で、デザインの専門的なスキルが求められることもありません。

AO入学や特待生選抜では、とくに人柄を重視した採用が行われるため、面接の準備は念入りに行っておきたいものです。

デザイン専門学校のオープンキャンパス

デザイン専門学校のオープンキャンパスとは

デザイン専門学校のオープンキャンパスでは、学校説明会や学校見学会、体験授業、入試相談会などが行われるのが一般的です。

グラフィックデザイン、映像デザイン、イラストレーション、インテリアデザインなど、さまざまな学科・コースを設置している学校であれば、各専攻の詳しい説明を聞くことができたり、それぞれの専攻について興味深い体験授業に参加したりすることもできます。

専門学校の雰囲気を味わいながら、デザイナーという仕事への理解を深め、その学校で学ぶイメージを膨らませていくことができます。

また、オープンキャンパスに参加すると、さまざまな特典が得られます。

たとえば、AO入学への出願ができるようになったり、入試の選考料が一部免除になったりすることがあります。

遠方から参加する人に対しては、交通費補助や、学生寮の無料宿泊体験が用意されている学校もあります。

なお、オープンキャンパスは週末の日中に行われることが多いですが、昼間の参加が難しい人に向けて、学校説明会や進路相談会などを夜間に開催している学校もあります。

デザイン専門学校のオープンキャンパスの内容

デザイン専門学校のオープンキャンパスでは、在校生や講師とコミュニケーションをとる機会もあり、学校生活や授業について不安なことを直接質問することが可能です。

また、ステーショナリー(文具)のデザインやweb広告制作など、入学後に学ぶ内容を体験できるプログラムを用意している学校もあります。

オープンキャンパスに参加することで、その学校のことをより理解できて志望動機を考えやすくなりますし、将来の目標が定まるきっかけにもなるでしょう。

デザイン専門学校のオープンキャンパスに参加する際の注意点

オープンキャンパスは、その学校に興味を持つ人であれば基本的に自由に参加することが可能ですが、事前申し込みが必要となっている学校もあるので、詳しくは各学校のホームページ上などで確認してください。

当日は多くの参加者で混みあうこともあるので、質問したい内容は事前にしっかりとまとめておくとよいでしょう。

オープンキャンパスはフランクな雰囲気で行われることも多いですが、あくまでも受験生として、相手に不快感を与えないような身だしなみや格好で参加したほうがよいでしょう。

最近では、多くのデザイン専門学校がオープンキャンパスを開催しています。

オープンキャンパスでは、各学校の特色や校風を知ることができるきっかけにもなりますので、気になる学校があればぜひ参加してみてください。

夜間のデザイン専門学校

デザイン専門学校の夜間部について

デザイン専門学校の夜間部では、夕方18時頃から21時頃にかけて授業が行われることが多くなっています。

1日の授業数は2コマ程度で、授業日数は週に3日程度となっていることもあります。

昼間部に比べると授業時間は少ないですが、限られた時間で集中的にデザインの勉強ができるカリキュラムとなっています。

昼間部と同様、卒業後はデザイナーとして各方面で活躍できるだけのスキルを身につけることができます。

ただし、昼間部では建築やインテリア、ファッションなど幅広いデザイン関連の学科・コースを設けている学校も目立ちますが、夜間部では選択できる学科・コースが限られてくる場合があります。

なお夜間部の場合、グラフィックデザインを重点的に学べる学校が多くなっているようです。

デザイン専門学校の夜間部にはどんな人が通っている?

夜間部には、昼間に働きながら転職を目指して通学する人、あるいは大学や短大など他の学校とダブルスクールで通っている人もいます。

同年代の学生が多く学んでいる昼間部の学校に比べると、年齢層や立場などもさまざまですが、学生たちは「デザインの勉強がしたい」という共通の目的を持っています。

デザイン専門学校の夜間部のメリット・デメリット

夜間部のメリットは、仕事などの都合で昼間に時間がとれない人でも、無理なく通い続けることができることでしょう。

学校によっては、週に数日程度の授業となっているため、最短で基礎的なスキルを身につけていきたい人には向いています。

また、昼間部に比べると学費も安いため、経済的な負担を抑えつつ学びたいという人にもメリットがあるといえるでしょう。

ただし、仕事や他の学校とデザイン専門学校の夜間部を両立させるには、強い意思を持って学び続ける気持ちが求められます。

スキルアップのためには専門学校で習ったことの予習復習をしたり、積極的に課題に取り組む必要があります。

日々の忙しさに追われながら卒業を目指すのは、決して簡単なことではないと思っておいたほうがよいでしょう。

デザイン専門学校のなかには、昼間部と夜間部の両方の課程を置いている学校もあります。

ただし、夜間部は昼間部とはカリキュラムや時間割などに違いがあるので、その辺りもよく調べてから進学先を決めてるとよいでしょう。

デザイン専門学校は全国にいくつもありますが、学校によって、どのようなジャンルのデザインについて深く学ぶことがでいるかは多少変わってきます。

授業内容やカリキュラムも各校で違いがありますので、まずは自分の将来なりたい姿をイメージし、学びたい分野を明確にして学校選びをするとよいでしょう。