インテリアコーディネーターと建築士の違い

建築士の仕事内容

建築士とインテリアコーディネーターは、どちらも「住まいづくり」に関わる仕事ですが、実際の仕事内容や役割は異なっています。

まず建築士の場合、さまざまな建築物の設計や監理を行うことが主な役目となります。

機能性、安全性、耐久性に優れ、構造的に問題のない、法律に準拠した建物の図面を作り、工事が始まれば現場のチェックにも入ります。

個人の住宅以外にも、オフィスが入った高層ビルから商業施設、公共施設などまで、多様な建築物に携わることも特徴の一つであり、建築士として仕事をするには国家資格の取得が必要となります。

建築士の仕事内容

どちらも深く関わり合う仕事

一方、インテリアコーディネーターが携わるのは、主に一般住宅となります。そして、今のところインテリアコーディネーターには、建築士のような国家資格が存在していません。

そもそも、インテリアコーディネーターが担う仕事は、建築士の仕事の範囲にありました。

しかし、時代の変化とともに消費者のインテリアに対するニーズが多様化し、価格帯からデザインに至るまで多種多様なインテリアが登場したことで、インテリアに対してより幅広く、深い知識が求められるようになったのです。

このような流れの中で登場したのが「インテリアの専門家」であるインテリアコーディネーターであり、現在は、建築士と役割分担をするような形で活躍をみせています。

ただし、案件によっては建築士がインテリアまで担当する場合もありますし、建築士の資格を取得して、設計にまで携わるインテリアコーディネーターもいます。

インテリアを決めていくうえでは、お客さまはもちろん、施工業者や家具メーカーとの打ち合わせや折衝など、細かなやりとりが多々発生します。

そういった点では、建築や設計の知識を持っていたほうが、仕事の幅が広がることは事実です。

こういったことから、インテリアコーディネーターになった後に、二級建築士や一級建築士の取得を目指す人も多いようです。