結婚、出産してもインテリアコーディネーターとして働ける?

さまざまなライフステージでの経験が生かせる

インテリアコーディネーターは、とくに女性からの人気が高い職業の一つです。

そして、せっかく好きなインテリアを仕事にできたのだから、結婚や出産を経てもずっと働き続けていきたいと考える人も増えています。

インテリアコーディネーターは、インテリアの幅広い知識を持って、お客さまに生活空間のコーディネートやアドバイスをしていく仕事です。

机に向かった勉強だけではなく、結婚や出産などの多様なライフステージを経験していることは、仕事をするうえでプラスに働くといえます。

お客さまの好みや要望はさまざまですし、価値観も人によって異なります。そんなとき、自分がさまざまな経験を積んでいれば相手の考えを受け入れやすくなり、多様な角度からの提案ができるようになるでしょう。

同時に、一人の「大人の女性」として、また「母」として身に付けてきた生活感覚や価値観、センスなども仕事に生かすことが可能です。

とはいえ、仕事と育児や家庭を両立しようと思うと、それなりの準備や覚悟も必要になるでしょう。

実際、インテリアコーディネーターの生活は多忙なものになりがちです。正社員で働くとなれば、給料や待遇面は恵まれていることが多いのですが、その反面、仕事量が増えて深夜まで残業をする人もいるようです。

このような状況では、育児との両立はなかなか難しいかもしれません。

しかし、インテリアコーディネーターは幸いにも、活躍の場が多岐に渡ります。

住宅メーカーや設計・デザイン事務所などでのオフィス勤務ではなく、インテリアショップなどや家具店の販売員として、スキルを生かすこともできます。

正社員だけではなく、契約社員やアルバイト・パートとして、決められた時間や仕事単位で働くことができる会社もありますし、もし経験や人脈を得ているのであればフリーランスで仕事をすることもできます。

インテリアコーディネーターは実力が問われる仕事ですから、できるだけ早いうちから現場で経験を積んでスキルアップしておけば、結婚や出産後も自分の望む働き方が実現しやすくなるでしょう。