このサイトは一般事務を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「一般事務」

仕事内容
一般事務は、民間企業や官公庁、団体といったさまざまな組織で事務作業全般を担当する職種です。資料や契約書の作成、郵便物の仕分け、ファイリング、メールやFAX送信、データ収集、電話・来客応対などが、おもな業務内容となります。高度な専門知識やスキルが問われる仕事は基本的に行いませんが、企業や部署によっては英語力を生かして海外とのやりとりを行ったり、経理など専門知識が必要とされる仕事を任されたりすることもあります。業務範囲が幅広いため、先輩や上司の指示に応じて、臨機応変に仕事を進める必要があります。
なるには
民間企業や団体で働きたい場合には、「事務職」や「一般職」といった採用募集を見つけて、各企業や団体が実施する採用試験を受ける必要があります。都道府県庁や市役所などで正規の事務職員として働きたい場合には、高校や大学を卒業したのちに、公務員採用試験を受ける必要があります。中途採用も活発に行われており、正社員のほか、派遣社員や契約社員、パート・アルバイトなど、多様な雇用形態で活躍することができます。
給料
一般事務の平均年収は、250万円〜350万円前後がボリュームゾーンとなっています。勤務先の地域や規模、ボーナスの支給有無、残業等の手当の支給状況などによって収入は変わりますが、高い専門性が問われにくいことから、各雇用形態で収入にそこまで大きな差は出にくいようです。他の職種と比べても給与水準はやや低めとなっているため、給料アップを目指すのであれば、経理や営業・貿易関係の知識など、スキル面で他の人と差をつける必要があるでしょう。
将来性
一般事務はあらゆる組織において必要とされる職種であり、今後も需要が大きく減るといったことは考えにくいです。しかし、特別なスキルが求められにくく、業務内容もさほど難しくない場合が多いため「代替可能なポジション」と認識されやすく、長く働いても高額な年収を得ることは難しいのが実情です。「できるだけ多く稼ぎたい」「専門性を身につけて飛躍したい」といった場合、自身のライフプランやキャリアに関しては、よく考えておく必要があるでしょう。