女性の生命保険会社社員

総合職の女性社員も増えている

生命保険会社で働く女性というと、一昔前はセールスの仕事、いわゆる「生保レディ」の姿をイメージする人が多かったかもしれません。

もちろん、この仕事は現在でも重要な存在であり、多くの女性たちが生保レディとして活躍していますが、最近はそればかりでなく、本社の「総合職(基幹職)」として第一線で活躍する女性も増えています。

総合職は、いわば会社の幹部候補として採用され、幅広い業務を経験しながら会社の中核を担う存在としての成長を目指していくことになります。

このほか「一般職」といわれるような、いわゆる事務の仕事を専門に行う女性、あるいは「営業職」として営業のエキスパートを目指していく女性など、生命保険会社ではさまざまな方面で活躍する人たちがいます。

ダイバーシティを重視する企業が増えている

生命保険会社に限ったことではありませんが、近年は「ダイバーシティ」つまり個々の社員の「多様性」を重視した経営を行う企業が増えています。

その一環として、それまで男性中心の職場でも女性を積極的に採用する動きが高まっており、企業によっては社員の約半数が女性というところもあります。

また、女性管理職を増やそうという傾向も強くなっており、女性にとっては以前にも増して働きやすい環境ができつつあるといえるでしょう。

仕事と家庭を両立するための取り組み

女性が長く働き続けていくと、結婚、妊娠、出産といったライフイベントと仕事の両立に悩ませる日がくるでしょう。

そこで、各企業では仕事と家庭を両立しながらキャリアアップを目指す社員を応援するために、さまざまな支援制度を整えています。

各種休暇制度の充実をはじめ、育児中の時短勤務、また正社員からパートタイムへの切り替えなど、柔軟な働き方を取り入れている企業が増えています。

生命保険会社ではたくさんの女性が働いているため、こうした取り組みも積極的に行っている企業が多いようです。