臨床心理士の給料・年収

常勤の臨床心理士の場合

臨床心理士は、病院や学校、児童相談所、企業など、さまざまな場所で活躍しています。

そして、いわゆるフルタイムの「常勤」として働いている人もいれば、アルバイトのような「非常勤」で働く人もいるため、収入には大きな幅があります。

また、常勤の臨床心理士といっても、どのような職場で働くかによって給料は異なります。

年収は200万円〜1000万円を超す人までさまざまですが、一般的な臨床心理士の平均年収は、300万円〜500万円ほどといわれています。

なお、公共施設などで公務員として働く人の場合は、公務員の俸給表に沿った給料が支払われます。

常勤の臨床心理士になれたとしても、臨床心理士として年収1000万円以上を目指すのであれば、本業のカウンセリングだけでは厳しいでしょう。

安定して稼いでいる臨床心理士は、元々高収入の職業である大学教授や医師としても兼務している人も多くいます。

また、経験と実績を積み社会的な評価を得て本の執筆や講演を行うまでになれば、大きな収入が望めます。

常勤で働く一つのメリットは、会社が用意している各種保険に入れたり、福利厚生などが充実していることが多いため、安心して仕事を続けていきやすいという点にあるでしょう。

非常勤の臨床心理士の場合

いくら臨床心理士の資格を取得したとしても、すぐに常勤の職に就けるケースは多くありません。臨床心理士は現場経験が求められる仕事でもあるため、最初は非常勤での勤務が中心となるでしょう。

非常勤の臨床心理士の給料は、時給制となっていることが多いです。

下は時給1,000円程度からスタートしますが、ベテランになれば時給は10,000円程度にまで跳ね上がる人もいます。経験や実績によってアップしていくことが一般的です。

なお、時給が比較的高いといわれているのが、学校で勤務するスクールカウンセラーです。

この場合、平均時給は5,000円程度であり、その他の勤務先では時給2,000円〜4,000円程度となる場合が多いようです。

非常勤の臨床心理士は、一つの職場で生活できるほどの給料を稼ぐのは難しいのが実情です。多くの人は複数の職場を掛け持ちし、経験を積んで常勤へのステップアップを目指しています。

臨床心理士はお金がかかる

臨床心理士を目指そうと思えば、指定大学院の学費や資格試験に向けた勉強などで費用がかかってしまいますが、いざ臨床心理士になってからも多くのお金が必要になるケースが大半です。

臨床心理士は、日々勉強を続けて専門知識を深めていかなくてはなりません。そのため、大量の専門書を買って読み込む必要がありますし、研修会や学会へ参加するための費用もかかってきます。

自己投資をすることが大切な仕事とはいえ、新人時代、まだあまり収入のないうちは厳しい生活を強いられるかもしれません。