臨床心理士になるには

臨床心理士になるまでの道のり

    

臨床心理士というのは、公益財団法人である「日本臨床心理士資格認定協会」が認定している民間の資格です。

臨床心理士を目指す一般的な道のりとしては、まず四年制の大学を卒業します。

この際に特定の学部を卒業する必要はありませんが、できれば心理学系の学部を選びましょう。

その後、心理学を学べる「指定大学院」や「専門職大学院」を修了する必要があります。

資格試験に合格すると、晴れて臨床心理士を名乗ることができるようになります。

心理系の仕事をするうえで臨床心理士の資格の所持は絶対条件ではありません。

しかし、企業や病院によっては、臨床心理士の資格を所持していることを採用条件に掲げているケースも珍しくないのが現状です。

カウンセリングを仕事にしたいのであれば、この資格を所持しておいて損はないでしょう。

臨床心理士の資格・難易度

日本では心理系の仕事に関連する民間資格が乱立しています。

「認定心理士」や「産業カウンセラー」など、その名称も資格試験の内容も実にさまざまです。

そのなかでも臨床心理士の資格は特に信頼性があるものとして位置づけられてきました。

近年は「公認心理師」という国家資格も誕生していますが、臨床心理士の信頼性に変わりはありません。

これは、資格試験のためのハードルが高いことが大きな理由です。

試験を受けるためには特定の大学院を修了しなければいけませんし、試験も決して簡単ではありません。

一次試験は筆記試験(マークシート+小論文)、二次試験では面接が行われ、専門的な知識と技能をを持っているかどうかが問われます。

この試験は年に1回東京で実施され、合格率はおおよそ60%となっています。

難関をくぐり抜けなければ取得できない資格だけに、世間からの信頼も厚くなっています。

臨床心理士試験の難易度・合格率

臨床心理士になるための学校の種類

先述の「指定大学院」と「専門職大学院」を受験するためには、一般的に「大卒(卒業見込み含む)」以上の学歴が求められます。

一部、大卒ではなく専門学校卒でも受験可能な大学院はあるものの、数はあまり多くありません。

大卒の学歴を求められる場合、学部・学科は問われませんし、理系でも文系でもかまいません。

ただし、心理学の単位や卒業論文などの要件を満たさなければ受験できない大学院もあります。

さらに、大学院の入試試験では心理学の基礎知識が問われます。

将来的に臨床心理士になりたいと考えているのならば、最初から心理学系の学部がある大学に進学しておくとよいでしょう。

大学によっては、学内選抜で大学院への推薦がもらえる場合もあるようです。

臨床心理士になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学学部・大学院)

臨床心理士に向いている人

臨床心理士に向いているのは、コミュニケーション能力が高い人です。

カウンセリングでは、老若男女さまざまな人と向き合います。

社会的な立場も性格も、心の悩みも人それぞれです。

その全てに寄り添えるような高いコミュニケーション能力が求められます。

この他にも、どんなことも受け入れることができる「包容力」。

長期にわたるカウンセリングのなかで、クライエントのために努力をし続けられる「忍耐強さ」。

こういったスキルを持ち合わせていることも大切です。

臨床心理士に向いている人・適性・必要なスキル

臨床心理士のキャリアプラン・キャリアパス

資格認定された臨床心理士は、さまざまな領域で活躍することができます。

具体的にいうと、病院、保健所、大学、研究機関、児童相談所、警察関係機関、一般企業などです。

ただし、臨床心理系の仕事は、資格を取得したとしても正規雇用で採用されるケースは決して多くありません。

新人の頃は契約社員やパートなどの非常勤でいくつかの仕事を掛け持ちしている人がいます。

そこで経験を積みながら、いずれは正規雇用を目指すというキャリアプランを立てる人も多いようです。

臨床心理士を目指せる年齢は?

臨床心理士を目指すにあたって年齢制限はありませんが、この資格を取得するためには長い道のりが必要です。

まずは診療心理士試験の受験資格を得るために、大学への進学を目指すことになります。

そのうえで「指定大学院」や「専門職大学院」に進学して心理学を学び、修了すると資格試験を受けられるようになります。

一般的には、ここまでの道のりに、大学4年と大学院2年で最低でも合計6年かかります。

さらに資格試験も年に一度しか実施されないので、一発合格できるとは限りません。

人によっては、資格を取得するまでに十年近くかかることになることもあります。

ですから、この職業を目指すのであればできるだけ早い段階で決心するほうがよいでしょう。

特に高卒の学歴の人の場合、大学受験の勉強から始めなければいけないので、長期的なプランを立てることが大切です。