建築士の仕事内容

お客さまのイメージを図面に 建築士は、建築法に基づき、建築物の設計および工事の監理を行う仕事です。住宅やビルなどさまざまな建物の設計図を描き、その設計図をもとに建築現場で指揮・監督をします。 建設会社や住宅メーカー、設計 … 続きを読む

建築士の役割

夢を形に変えるお手伝いを 建築士の役割は、依頼主の建築物へのイメージを形にするために、具体的なアイディアを提供することです。 個人が建てるマイホームにしても、企業が建てるオフィスビルにしても、市町村が建てる公共のホールに … 続きを読む

建築士の魅力

クリエイティブな面白さ 建築士の仕事の魅力は、自分のアイディアやセンスをデザインにどんどん取り込んでいけるところです。 依頼主であるお客さまの理想の住宅を実現させるために、どんな住宅構造にするか、どんな材木を使うか、どん … 続きを読む

建築士の一日

建築士のスケジュール 建築士は、個人や企業からの依頼に応じて建築物の設計をするのが仕事です。お客様との打ち合わせ、図面の作成、設計現場での現場監督などがメインの仕事になります。 建築士の基本的なスケジュールは、以下の通り … 続きを読む

建築士のやりがい

ずっと形に残るものを 建築士が書いた図面は、大工たちの手によって実際に建物として作られていきます。 最初は自分の頭の中にしかなかったデザインが、図面になり、模型になり、やがてたくさんの人々の力を借りながら実際に形になって … 続きを読む

建築士の大変なこと、苦労

デザイン性と安全性の両立を求めて 建物をつくるとき、多くのお客さまが重視するのが「デザイン性」です。高い吹き抜けのある明るい玄関にしたい、3階建てのオシャレな家にしたい、広いルーフバルコニーが欲しい…等、さまざまな要望が … 続きを読む

建築士の現状と将来性

社会貢献度が高まる建築士 私たちが暮らす住宅は、時代とともに大きくスタイルが移り変わるものです。かつて日本では平屋の木造住宅が一般的でしたが、最近では鉄筋の高層マンションが非常に多くなってきています。 さらに、お年寄りや … 続きを読む

建築士と建築家の違い

建築士とは? 建築家とは? 諸外国は別として、日本において「建築士」と「建築家」は別の意味で用いられることが多いです。 「建築士」とは、一級建築士や二級建築士といった国家資格を取得して国土交通省に登録し、その仕事について … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -構造設計編

建築物を強度面から支える 建築物の大前提として、しっかりと地の上に立ち、通常の使用方法ではビクともせず、雪の重みや強風や地震でも倒れない、そういった強度面がしっかりしている必要があります。 その強度のもととなる設計が、構 … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -設備設計編

日進月歩の建築設備には専門家が必要 建築物には、さまざまな設備が必要とされます。 たとえば住宅でいえば、お風呂にキッチン、トイレ、洗面化粧台、エアコン、暖房機器、湯沸機などがあります。 住宅の場合はある程度規格化されて設 … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -施工管理編

現場監督にも建築士が求められる 建築の工事現場を仕切るためには、さまざまな管理が求められます。具体的には、「品質管理」「安全管理」「工程管理」「予算管理」「資材管理」などが主だったものですが、それを行うのが「現場監督」の … 続きを読む

建築士の仕事詳細 -設計・監理編

一般的な「建築士」のイメージの仕事 一般に「建築士」というと、お客さまからヒアリングした内容をもとにプランを作成し、それを具現化した設計図書を作成し、その設計図書をもとに建築工事現場で設計図書どおりに工事が行われているか … 続きを読む

建築紛争処理・建築法律相談の仕事

意外に難しい建築トラブル 建築物のトラブルの中には、建築トラブルを専門にあつかう弁護士までいるくらい、難しいものがあります。 また、訴訟に至るまでのトラブルでなくても、民法や宅建業法、住宅品確法(住宅の品質確保の促進等に … 続きを読む

住宅評価員の仕事

「住宅性能評価員」の仕事 「住宅性能評価員」は、日本住宅性能表示基準に従って、建物の10項目の性能をランクや数値等で評価する仕事です。 具体的には、 ・地震や台風に対する強さ ・火災感知のしやすさや燃えにくさ ・解放感や … 続きを読む

建築主事と建築確認審査員の仕事

「建築主事」「建築確認審査員」とは? 「建築主事」も「建築確認審査員」のどちらも、建築基準法の規定による「建築確認」の審査や検査を行うための職業というところは共通です。 地方公共団体に設置される公務員のことを「建築主事」 … 続きを読む