建築士に向いている人、適性

美的センスがある人

建築物をデザインする上でとても重要なのが、美的センスです。建物の形、色合い、材料など、外装から内装まであらゆる面で建築士自身のセンスを発揮させなければいけないからです。

このため、多くの建築士が、日頃から美的センスを磨くために努力をしています。海外の歴史的な建築物を見に行ったり、美術館で絵画や陶芸を見に行ったり、ときには最新の家具や家電のデザインをチェックしたり…。

美しいデザインに興味があり、自身の美的センスを磨き続けたいという強い想いがあることが、建築士には必要なのです。

物理や地学が好きな人

建築の仕事は、建物の構造をイメージしながら「どんな土台にするか」「どんな材料を使うか」など、ひとつひとつ積み重ねていくことで完成します。

この際には、構造力学という物理の知識や、塗料などの材料に関する化学の知識、カビや微生物の繁殖を防ぐための生物の知識、安全な地盤を作るための地学の知識など、あらゆる理系の知識を活用することになります。

建築士の仕事は、決して美的センスだけではできません。芸術的な「感性」に加えて、確実な「知性」が必要です。物理や地学など幅広い分野に関心を持てる人が、建築士に向いています。

正義感がある人

日本で建物を作る際には「建築基準法」という法律に則っていることが必要です。地震の際に持ちこたえることができるかどうかを決める「耐震強度」などを守るためにある法律で、これを守らなければ違法建築になってしまいます。

かつて国内では、名の知れた一級建築士が耐震強度を偽装して建物を建てていたことが発覚し、大問題となったことがありました。こうしたことは、建物の安全性を守るという使命を担っている建築士にとって、決してあってはならないことです。

建築士という仕事に就く上では、社会的責任を全うできる正義感の強さが求められます。