社会人から建築士になるには

大卒からの転職

社会人として働きながら建築士への転職をめざそうと考える人もいるのではないでしょうか。この場合、どうすれば建築士になれるのかは、その人の学歴によって大きく条件が異なってきます。

まずは、大学・短大・高専の「建築学科」を卒業している人の場合です。こうした人たちはすでに建築士に必要な知識やスキルを習得しているとみなされるので、特に実務経験などを積まずに建築士の試験を受けることができます。

また、大学・短大・高専の「土木科」を卒業している人の場合は、実務経験を1年以上積めば建築士の試験が受けられるようになります。

この「実務経験」とは、設計事務所や建設会社や工務店で建築物の設計・工事監理・施工管理業務などをしたり、大学や研究所で建築に関する研究・教育をしたりすることのです。

試験に合格することができれば無事に建築士としてデビューすることができるので、大学での履修経験がある人の場合は比較的早く転職をすることが可能です。

高卒・中卒からの転職

一方で、社会人のなかでも高校の建築・土木科を卒業している人は、実務経験を3年以上積むことで「二級建築士」「木造建築士」の試験が受けられるようになります。

それ以外の人たちは、さらに条件が厳しくなります。大学や短大や高専で一切建築に関する勉強をしていない人や高校の普通科を卒業した人や、中卒の人の場合は、試験の受験資格を得るために7年以上の実務経験が必要です。

他のケースよりもずいぶん長い期間の実務経験が必要になるので、そのぶん建築士としてのデビューも遅れますし、独立や開業までも長い時間が必要になります。

今まで一切建築に関する勉強をしていない人が建築士への転職をめざすためには、長期的な計画と強い覚悟が必要になります。