栄養士の仕事内容

栄養士の仕事は食事の管理と栄養指導

栄養士は栄養のスペシャリストとして、食事の管理と栄養指導を行う仕事です。

食事の管理

食事の管理とは学校や病院などで、それぞれの人に必要な栄養とは何かを考え、毎日の食事メニューを決めることです。

単に栄養を満たしているというだけでなく、おいしい食事であることも求められます。

病院では、医師、看護師、薬剤師とチームを組み、患者の容態を見ながら、メニューを決めたりもします。

栄養士の仕事は盛り付け、献立作成、食事指導などですが、勤務場所によっては、調理師といっしょに調理をすることがあります。

栄養指導

栄養指導とは、その人にとってどのような食事が望ましいかということをカウンセリングすることです。

たとえば、肥満や糖尿病の人にバランスのとれた食生活について栄養指導を行うといったことをします。

栄養士の活躍の場

条件を問わなければ、栄養士の求人は少なくはありません。結婚や育児などで退社する女性が多いため、欠員補充での求人もよくあります。

栄養士の仕事は、管理栄養士と比べると、食事を管理する仕事よりも、調理の現場に近い仕事の募集が多いようです。

栄養士は、病院、福祉施設、学校、保育園、社員食堂など、食事を提供する施設で活躍しています。

少数ながら、食品会社などで調査や食品開発を行なっている人もいます。

また、少し変わったところになると、自衛隊などで働く栄養士もいます。

最近増えているのが、委託給食会社に所属する栄養士です。給食会社の栄養士は、各施設(事業所といわれます)に派遣され、給食業務にあたります。

給食会社によって、介護分野が得意、社員食堂に力を入れている、医療分野に強いなどさまざまな特色があります。

管理栄養士の免許を取得していることが募集の条件になっている施設も一部あります。自分がどのような職場で働きたいか、どんな栄養士になりたいかということを考えてみましょう。

病院の栄養士
学校の栄養士
介護施設の栄養士
給食会社の栄養士
保育園、幼稚園の栄養士
公務員(保健所)の栄養士
スポーツ栄養士
自衛隊の栄養士
フリーランスの栄養士

特定給食施設数の年次推移

栄養士の勤務先である特定給食施設の数は、学校が減少し、老人福祉・児童福祉・社会福祉・矯正施設が増加している傾向にあります。少子高齢化が進むなかで、この流れは続いていくと考えられます。
特定給食施設数の年次推移_26

特定給食施設数の種類別構成割合

特定給食施設数として最も大きい割合を占めるのは学校です。次いで福祉施設、事業所と続きます。
特定給食施設の種類別構成割合_26

栄養に関する正しい知識を提供する

ここ近年、健康ブームの影響で、体にいい食材や料理のレシピなどの情報があふれています。

私たちが、元気に活動するためには、さまざまな栄養素をバランスよく取り入れなくてはなりません。

好きな物やおいしいものばかり、ついつい食べてしまったりして、野菜不足なんてこともあるのではないでしょうか?

健康番組で、「これを食べればあの病気予防になる!」、「これを食べれば、みるみるやせます!」など、おびただしい情報があふれていて、一体どれが正しい情報なのかと、混乱してしまう人もいるでしょう。

大量の知識や情報から、正しい偏りのないものをすくい上げ、提供することも栄養士の役割の一つです。

仕事体験談