スポーツ栄養士とは

スポーツ選手を栄養面から支える栄養士

栄養士はさまざまな領域で活躍することができますが、近年人気があるのは、スポーツ選手の力を最大限に引き出せるよう食事面からサポートする「スポーツ栄養士」です。

スポーツ栄養士には、調理技術や栄養学だけでなく、身体づくりに関する幅広く実践的な知識が必要となります。

選手やアスリートの個性を把握することはもちろん、運動生理学の知識、そしてカウンセリング技術も求められます。

また、そのスポーツに対する知識も求められるため、自らもスポーツに親しんでいる人や、過去にスポーツ指導の経験がある人はより優遇されやすいでしょう。

スポーツ栄養士の仕事内容

選手やアスリートは、毎日の食事が重要です。

中学・高校生のジュニア選手を指導するときは、基本的に1日3食をきちんと取ることや、どうやったらバランスのいい食事にすることができるのかなど、ベーシックなポイントを押さえた助言をします。

ときには、監督やチーム全体と連携をはかりながら、選手をサポートしていきます。

また、スポーツ栄養士は選手やアスリートのサポートをするにあたり、生活スタイルを把握したうえで正しい健康法を提案し、体調管理に気を配り、筋肉量や体脂肪を定期的に測定します。

必要であれば食事制限を行ったり、サプリメントを使ったりと栄養面・健康面からさまざまなサポートを行っていきます。

リハビリ現場でも活躍

スポーツ栄養士の活躍領域は、スポーツ選手のサポートだけではありません。

リハビリ患者の健康増進・病気のための運動療法・介護でのリハビリに伴う食事療法など、リハビリ現場においても幅広い仕事があります。

このように、スポーツ栄養といっても、分野はさまざまです。

日々新しい情報が出てくるため、最新の情報をいち早くキャッチする能力が求められます。

公認スポーツ栄養士資格とは

公認スポーツ栄養士は、これらの現場のニーズに的確に応えることのできるスポーツ栄養の専門家として、公益社団法人 日本栄養士会および公益財団法人 日本スポーツ協会の共同認定による新しい資格です。

審査に必要な申請資格としては、栄養士の上級資格である管理栄養士の資格が求められます。

さらに公認スポーツ栄養士養成講習会を受講しようとする年度の4月1日時点で満22歳以上であること、スポーツ栄養指導の経験があること、またはその予定があること、そのほか日本スポーツ協会と日本栄養士会が認めた者という条件があります。

資格を取得するためには、日本スポーツ栄養学会が開催する「スポーツ栄養ベーシックコース講習会」を受講後、さらに「公認スポーツ栄養士養成講習会」を受講取得します。

共通科目・専門科目の検定試験を受け合格すると認定されます。

これまでに259人(平成29(2017)年度末現在)が登録されており、今後選手やアスリートに対するサポートをする資格として、より広まっていくことでしょう。