栄養士への転職・未経験からなるには?

他業種から栄養士を目指したいと考える人もいるでしょう。

気になるのは、未経験でも採用されるのか、有利になる資格はあるのかといった点ではないでしょうか。

本記事では、栄養士への転職状況や必要な経験、志望動機の考え方などを紹介します。

栄養士への転職状況は?

栄養士は、資格さえ取得していれば転職はさほど難しいことではありません

特に学校や病院など大量調理を行う現場では、人材不足のため常時求人を出していることもあります。

近年は高齢化社会の進展とともに、福祉分野での需要が高まっているようです。

栄養士への転職の志望動機で多いものは?

栄養士は資格さえ持っていればさまざまな活躍の場があります。以下のような理由で志望する人が多いようです。

栄養士への転職理由
  • 過去にとった資格を生かしたい
  • 結婚や出産などを機に一度現場を離れたが復帰したい

栄養士の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験から栄養士になる場合に気をつけたいこと

栄養士の求人募集では、実務未経験者を対象としたものも多く、未経験者の場合、献立作成や栄養指導などの応用力が求められる仕事を最初から任されることはないでしょう

まずは調理補助などの仕事で地道に経験を積み、その仕事ぶりが認められるとようやく業務の幅が広がります。

また、栄養士の資格を持っているとしても、現場に出てこそ学べることのほうが多いです。

資格を取得してから年月が経過している場合は、情報が古く、現場では生かせないことも多いかもしれません。

つねに勉強を続けて新しい知識を身につける必要があります。

栄養士への転職に必要な資格・有利な資格

まったくの未経験から栄養士になるには、栄養士養成学校に通学して資格を取得する必要があります

ほかの資格のように通信制や夜間部は存在しないため、費用も時間もかかることを覚悟しなくてはなりません。

栄養士は国家資格? 通信でも取れる?

栄養士への転職に役立つ職務経験は?

栄養士へ転職する際に役立つ職務経験はさまざまあります。

栄養士は大量調理をする場で働くことが多いため、飲食店などでの調理経験があれば役立つでしょう。

また、栄養士はほかのスタッフと協力しながら仕事を進めることがほとんどであるため、コミュニケーション能力も欠かせません

栄養士への転職面接で気をつけるべきことは?

栄養士の雇用形態は求人によってまちまちで、環境も勤務先によって大きく異なります。

以下のような問題を抱えている職場もあります。

  • 慢性的な人手不足で仕事がハード
  • 給与が低い
  • 残業が多い

面接の際は、職場環境と待遇面などについてもしっかりと確認し、不安や疑問点を解消しておいたほうがよいでしょう。

栄養士に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

栄養士は、資格さえあれば何歳になっても働くことができます

ただし栄養士は、ある程度の実務経験を経て管理栄養士などにキャリアアップする人が多く、年齢を重ねてからの転職の場合は同世代との能力差に焦ることもあるかもしれません。

また、まったくの未経験から転職する場合は、最低でも2年の通学が必要です。できるだけ早く動き出したほうがよいでしょう。

未経験から栄養士の転職での志望動機

志望動機の考え方

栄養士へ転職する際、未経験でこの業界に転職しようと思ったの理由を答えられるように準備しておきましょう。

また、異業種での社会人経験がある場合は、過去の経験や実績を聞かれるでしょう。栄養士の仕事にも役立つ過去の仕事の実績・経験をアピールする必要があります。

さらに、医療制度・社会問題などにも視野を広げて自分なりの考えを話せるようにしておくとよいでしょう。

志望動機の例文

「学生時代に栄養士資格を取得しましたが、その後栄養士として働くことはなく、企業で事務をしていました。

結婚・出産を経て、子どもに食事を作るうち、栄養士として得た知識を生かすようになり、もっと多くの子どもたちのために食事を提供したいと思うようになりました。

○○保育園では、食育に力を入れ、選択制給食などユニークなイベントもとりいれているとお聞きし、関心を持ちました。

栄養士として現場経験はありませんが、自分でも勉強をし、子どもたちへの食育に力を入れ苦手なものもおいしく食べてもらえるように努力していきたいです。」

栄養士への転職のまとめ

栄養士はさまざまな業界で必要とされる仕事です。資格さえあればいくつになっても働くことができるうえ、転職を思い立った場合に求人を探すのもさほど難しいことではありません。

しかし、まったくの未経験の場合は最低2年の通学が必要です。栄養士になりたいと考えるのであれば、早めに動き出したほうがよいでしょう。