栄養士への転職・未経験からなるには?

栄養士への転職状況は?

栄養士は資格が必要とされる仕事であるため、資格さえ取得していれば転職はさほど難しいことではありません。

特に学校や病院など大量調理を行う現場では、人材不足のため常時求人募集していることもあります。

特に近年は高齢者社会の進展とともに、福祉分野での需要が高まっているようです。

こうした求人は、一般的な求人情報サイトやハローワークでも見つけることができます。

栄養士への転職の志望動機で多いものは?

栄養士への転職で多いものは、栄養士の仕事は資格があればさまざまな活躍の場があることです。

一度資格を取得すれば長く働けることができ、求人も病院や介護施設をはじめ給食センター・幼稚園・保育園・行政機関など多岐にわたるため、特に女性が栄養士を目指すことが多いようです。

また、過去にとった資格を生かしたいと、結婚や出産などを機に一度現場を離れた栄養士が、再度職場復帰することも多いようです。

栄養士の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から栄養士になるには

栄養士の求人募集では、実務未経験者を対象としたものも多く、未経験者の場合、最初から献立作成や栄養指導などの応用力が試される仕事が任されることはほとんどありません。

まずは調理補助などの仕事で地道に経験を積んでいき、仕事ぶりが認められて、ようやく業務の幅が広がっていくため、あらかじめ理解しておくことが大切です。

また、栄養士の資格を持っているとしても、現場に出てこそ学べることがたくさんあり、とくに資格を取得してからだいぶ時間が経っている場合、学校で身につけた知識が思ったよりも生かせない、と感じることもあるかもしれません。

未経験者であろうと、経験者であろうと、現場に出てからもつねに勉強を続けて新しい知識を身につける必要があります。

栄養士への転職に必要な資格・有利な資格

栄養士になるには栄養士資格が必要です。

そのため、まったくの未経験から栄養士になるには、専門学校や大学・短大などに通い資格を取得しなくてはなりません。

ほかの資格のように通信制や夜間部では取得することができないため、費用も時間もかかることを覚悟しなくてはなりません。

栄養士は国家資格? 通信でも取れる?

栄養士への転職に役立つ職務経験は?

栄養士へ転職する際に役立つ職務経験はさまざまあります。

まず、飲食店などでの調理経験が挙げられます。

栄養士は大量調理をする場で働くことが多いため、多少なりとも現場で働いたことがあれば、その経験を活かして調理をすることができるでしょう。

また、栄養士は一人で仕事をすることは少なく、調理員や他の栄養士と協力しながら仕事を進めるため、コミュニケーション能力も欠かせません。

栄養士への転職面接で気をつけるべきことは?

栄養士の雇用形態については求人によってまちまちで、環境も勤務先によって大きく異なります。

パート・アルバイト、契約社員といった非正規雇用の形態で働く人も少なくなく、職場によっては慢性的な人手不足で仕事がハードだったり、給料が安かったり、長時間残業を強いられたりするようなところもあるようです。

栄養士の転職者向けの求人はわりと見つけやすいですが、面接の際は、職場環境と待遇面などについてもしっかりと確認し疑問点を解消しておいたほうがよいでしょう。

栄養士に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

栄養士は、資格さえあれば何歳になっても働くことができます。

ただし栄養士は、キャリアを積むと管理栄養士などにキャリアアップする人が多く、転職の場合はどうしても同世代と比べスキルや知識不足を感じ厳しいと思うことも多いかもしれません。

また、まったくの未経験から転職する場合は、学校に通い資格を取得する必要があるため、費用や時間の面から考えてもできるだけ早いうちに資格の取得を目指す方がよいでしょう。

未経験から栄養士の転職での志望動機

志望動機の考え方

栄養士へ転職する際、未経験でなぜこの業界に転職しようと思ったのかを問われますので、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

また、異業種での社会人経験がある場合は、視野の広さや過去の実績が求められるため、自分がこの仕事で貢献できること、過去の仕事の実績や経験をアピールする必要があります。

さらに、この業界を目指す上では企業で求められていることや医療制度・社会問題などにも視野を広げて自分なりの考えを話せるようにしておくとよいでしょう。

志望動機の例文

「学生時代に栄養士資格を取得しましたが、その後栄養士として働くことはなく、企業で事務をしていました。

結婚・出産を経て、子どもに食事を作るうち、栄養士として得た知識を生かすようになり、もっと多くの子どもたちのために食事を提供したいと思うようになりました。

○○保育園では、食育に力を入れ、選択制給食などユニークなイベントもとりいれているとお聞きし、関心を持ちました。

栄養士として現場経験はありませんが、自分でも勉強をし、子どもたちへの食育に力を入れ苦手なものもおいしく食べてもらえるように努力していきたいです。」