保育園、幼稚園の栄養士

保育園で働く栄養士

栄養士が活躍する場として、健康な人を対象にする施設の一つに保育園があります。

給食会社から派遣されて保育園勤務をする場合と、保育園に直接雇われる栄養士があります。

保育園はたいてい規模が小さいので、大量調理というわけではありませんから、自分の好みを献立に取り入れたり、手作りおやつを作れることが魅力です。献立を立て、一通り料理もこなします。

おやつを作るので、お菓子作りが得意な人、好きな人だと有利です。

イベントで、ひな祭りのときは、おひなさまのちらし寿司を作ったり、クリスマスには、かわいいケーキを作ったりと、季節ならではのメニューもあります。

保育園の子どもたちは、味覚形成の大切な時期です。

発育には個人差がありますから、心身の発達や年齢に合わせた食事作りが大切になります。

おもに調理をしますが、食材発注、献立作成、栄養計算、日誌や子どもたちと保護者向けの給食だよりを作る事務も仕事内容に含まれています。

幼稚園で働く栄養士

保育園と同じく小さな子供とかかわる仕事場に、幼稚園があります。

と保育園と幼稚園の栄養士って、どんな違いがあるの?と思う人もいるかもしれません。

実際には、仕事内容はほとんど変わりありません。

ただし、食事を提供するタイミングや回数は異なります。保育園は、朝食と昼食、延長保育の子どもがいれば、夕飯も提供します。

一方で幼稚園だと、基本、昼食のみの提供になります。

五感を通した体験

食事相談のときには、保護者との話し合いをします。

家庭での食事状況を把握することで、的確でスタッフ一丸となった食事指導ができるようになります。

アレルギー対応食や農薬をなるべく使わない野菜、放射能汚染にも配慮しなくてはなりません。

地元で取れた食材を使うなどの取り組みも行われています。

また、子どもに紙芝居などの教材を使い食べ物に関する指導をすることもあります。

園児と、おやつや日本の伝統料理をいっしょに作る機会を設けたりと、食育(「食」に関する知識と「食」を選択する力を育てる取り組み)に力を入れる園もあるようです。

自分で作り、健康意識を高める教育が行われています。

園によっては、レクリエーションの時間に栄養士が直接子どもたちと遊んだりするところもあります。

子どもが好きで、明るい人が保育園の栄養士に求められるでしょう。

仕事体験談