栄養士の需要・現状と将来性

栄養士の現状

高齢化社会の進展や人々の健康に対する意識の高まりとともに、医療・福祉の現場では、介護予防や治療食の工夫、そして個々の利用者の立場を考え、より楽しみ、喜んでもらえる食事づくりのサービス向上が求められています。

とりわけ急速に市場が伸びている福祉分野では、病気の予防、そして一人ひとりの利用者のニーズや価値観を尊重したサービスに力が注がれるようになり、食事の提供についても然りです。

また、学校においては食についての教育を専門的に行う「栄養教諭」の導入が進み、栄養士の資格を存分に生かすことができます。

そのほか、ビジネスの分野でも、栄養関連のサービスを展開する企業は増加傾向にあります。

食の専門家として、栄養士が活躍できるフィールドは多岐に渡り、職業としてのニーズは今後もより高まっていくでしょう。

栄養士の需要

栄養士の活躍の場

「一般社団法人 全国栄養士養成施設協会」の調べによれば、2017年度の栄養士養成施設卒業生の就職先内訳は、病院が最も多く24.3%、続いて工場事業所(産業給食施設)が18.3%、さらに児童福祉施設が18.9%、介護保健施設が17.3%となっています。

このほか、官公庁・学校・食品メーカー・スポーツクラブなど、さまざまな場所で栄養士が必要とされています。

「食」は人間が生きていくうえで欠かせないものだからこそ、人が活動するあらゆる場で栄養士が求められているといっても過言ではありません。

全国栄養士養成施設協会 栄養士の就職先

大量調理の現場での需要が大きい

栄養士の需要が最も大きいのは、委託給食会社など大量調理を行う現場です。

そこでは栄養士として栄養計算などを行うこともありますが、調理スタッフとしての業務がメインになる場合もあるようです。

いくら栄養士といっても、実際には体力勝負となる激務の職場で、仕事を長く続けるのがきついという声も聞かれるため、応募する前に仕事内容をよく確認しておいたほうがよいでしょう。

栄養士の将来性

栄養士も管理栄養士も、最近では有資格者が増えていることから飽和状態にあり、どうしても本来の専門知識を生かせる職場が少なくなっているのが現状です。

しかし、なかには専門性を強く問われる職場もあります。

たとえば、介護施設で高齢者向けの栄養管理を行ったり、スポーツ分野でアスリートの健康管理に携わったりするような栄養士もいます。

管理栄養士の配置が義務付けられている福祉施設や保健所もあるため、どうしても栄養学のスペシャリストとして専門的な仕事に携わりたい場合は、早いうちから管理栄養士の資格取得も視野に入れたほうが、就職先の選択肢は広がるかもしれません。

栄養士の今後の活躍の場

管理栄養士などのダブルライセンスで働く

栄養士は管理栄養士の資格のほか、ダブルライセンスを獲得するとキャリアアップを狙えます。

たとえば、医療分野では、特定の病気に特化した栄養指導が求められるため、栄養サポートチーム(NST)専門栄養士」や「日本糖尿病療養指導士」など、医療現場を担うための新たな資格が続々と誕生しています。

医療現場と並んでニーズが高い福祉の分野では、栄養士も「介護支援専門員」の資格を取得できるようになりました。

また、「フードコーディネーター」は、テレビなどのメディアだけでなく、飲食店のメニュー開発、食品会社の商品企画、料理教室の講師など、食にかかわるビジネスで活躍することができます。

今後は、栄養についても国際的な基準(グローバル・スタンダード)が強化されていくといわれているため、栄養士になってからも日々知識を深めていくと同時に、世界視野で栄養について勉強していく気持ちが不可欠です。

今後期待される栄養士像

これから期待される栄養士として、コミュニケーション能力が高い人があげられます。

厨房で調理作業、事務室で栄養指導をするだけでなく、積極的に利用者や他職種とつながることで、刺激を受け見識が広がるでしょう。

また、外国の栄養士の現場を見たり勉強したりすることも大切です。

最新の論文などは英語で発表されることが多いため、コミュニケーションの意味も含め英語をしっかりと身につけておくと役に立ちます。

栄養士の活躍の場は多いため、自分がどのような仕事をしたいのかを見極め、オリジナリティのある企画力と、世の中が求めているものは何かということを感じるビジネスセンスのある栄養士がより生き残っていくでしょう。