このサイトは飲食店社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「飲食店社員」

仕事内容
飲食店の社員は主に3つの勤務形態に分かれます。1.店長として、実際の店舗で働く、2.エリアマネージャーとして複数の店舗と本社の橋渡しを担う、3.本社に勤務し会社全体の戦略を練ること。店長は現場の動きを熟知し、すべての業務を滞りなく行える現場の責任者です。シフトの調整やアルバイトの教育、食材等の発注といった店舗マネジメント業務、クレーム処理などが主な業務です。エリアマネージャーは担当する店舗を定期的に巡回し、運営方針の伝達、商品構成や店内のレイアウト、在庫管理等の指導、店長の教育を行います。各店舗の状況を本社にフィードバックする役割も担っています。本社に配属されると会社としての戦略を練ったり、商品やオペレーションを開発したり、各種企画を立案したりと経営の根幹に関わります。
なるには
特別な学歴や資格は不要ですが、大卒だとそれほど時間をかけずに店長となり、より上の役職へのステップアップも目指せます。また調理師免許を持っていると即戦力として現場で活躍することが可能。出世への近道にもなります。アルバイト経験は大きな武器。アルバイトから正社員にスカウトされそのまま就職するというケースも珍しくありません。学生時代に接客のアルバイトをしていたという経験があれば採用の際に大きなアピールポイントになります。やる気さえあれば未経験でも大丈夫という門戸の広い業界です。経験者はもちろん優遇されます。同業種内での転職が多いのも特徴です。体力勝負であるため、年齢の上限を定めているところもあります。
給料
大手の場合、ほとんどの会社が月収22~30万円の間で、役職ごとの差を設けて給与額を定めています。店長クラスで平均給与はだいたい25万円前後。年収に換算すると300~350万ぐらいが妥当です。同規模の会社間であれば、給料に大きな差はないと考えていいでしょう。月収が低めであったり、昇給が少なかったりというデメリットをボーナスの支給で相殺している会社が多い傾向にあります。また多くの場合は社会保険に加入できます。中所規模の場合、給料は利益次第。 1ヶ月に400万円売り上げたとして大体25~30万の間になるでしょう。利益率の高い店舗であれば高収入も見込めますが売り上げによる変動が大きく安定しないというデメリットがあります。またボーナスはほとんど期待できません。また社会保険に加入できないところも多いようです。
将来性
衣食住の食を担う飲食業界が成り立たなくなるという未来はありえないでしょう。新規参入の敷居も低いので独立という目標を持ちながら働ける夢のある業界であるといえます。また慢性的に人手不足なので、働く場所の選択肢が多い職種です。現場を回すことのできるオペレーション力、複数の店舗を管理できるマネジメント力を養えば、自身のライフステージに合わせてスキルアップを目指せます。大手チェーンは出世しづらく給与も横ばいであるというデメリットがあります。マニュアルこなすだけになりがちなので人によってはモチベーションの維持に苦労するでしょう。中小規模の場合、経営が不安定になりがちですが自身のアイディアや提案が通りやすく、出世しやすいというメリットもあります。