このサイトはソムリエを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ソムリエ」

仕事内容
ソムリエは、ワインのスペシャリストとしてお客さまにワインを提供する仕事です。主にレストランやホテルに勤務し、お客さまの食事内容や好みに合わせて最適なワインをピックアップし、食事の時間を快適に楽しんでいただけるようにします。ワインの品種や産地の知識はもちろん、料理との相性(マリアージュ)、ワインの管理方法なども学ぶ必要があります。常にお客さまのことを考え、接客やサービスのプロとしての高い意識が求められます。
なるには
ソムリエとして働くには、幅広いワインの知識が求められます。国家資格はありませんが、日本ソムリエ協会や全日本ソムリエ連盟が認定するソムリエ資格を持っていることで、就職の際に有利になることがあります。ただし、座学で学べることは限られているため、基本的には現場で知識を身につける必要があります。まずはワインを置くレストランなどで接客係として働きながら、ワインの勉強も続けていくという流れが一般的となっています。
給料
ソムリエを置くレストランやホテルは一定以上のグレードであることが多いため、給料は比較的安定していると言えるでしょう。平均年収は300万円~600万円程度ですが、大きなレストランなどの場合はソムリエも階級が分かれており、キャリアアップすることでもっと稼げる可能性もあります。待遇も、各種手当や海外研修など充実しているところが多いですが、サービス業ならではの厳しさもあるため、決して楽な仕事ではありません。
将来性
全体としてソムリエの求人はあまり多くないものの、ソムリエという職業はまだ日本で確立されているとも言えないため、この世界に入り込むチャンスは十分あると言えるでしょう。いきなり第一線で活躍するのは難しいですが、地道に経験を積めば、その分活躍の幅も広がっていきます。ワインに興味はあるけれどよくわからないというお客さまは多いため、今後もソムリエという職業の需要は一定数以上あるでしょう。