栄養士のやりがい・楽しさ・魅力

栄養士を志すきっかけは、そのやりがいや仕事内容に惹かれたためだったという人も多いでしょう。

本記事では、栄養士が達成感を得る瞬間や魅力を紹介します。

栄養士のやりがい・楽しさ

人の健康に関わる仕事

栄養士のやりがいは、人の健康に関わり、維持・改善の手助けができることです。

サプリメントや薬、病院を頼る前に、食べ物や食習慣に気をつければ予防できる病気はたくさんあります。

栄養士は食べ物に関する正しい情報を伝えることで、自分だけでなく多くの人の健康に関わることができるのです。

おいしかったという言葉

栄養士は、献立を立てるとき、施設や病院で食べ物の好みを知るためアンケートをとることがあります。

ここの施設や利用者はどのようなメニューを好むのかを把握し、献立に反映させます。

栄養価はもちろん大切ですが、見た目や味など、食べる際の楽しみを取り入れる工夫もしています。

「今日のメニューおいしかった!」と言われたときは、仕事の疲れも吹き飛ぶほどの喜びを感じます

栄養指導の成果があったとき

ケガや病気で入院した患者が、食事療法で回復した姿にも大きな喜びを感じます

慢性的な病気の場合は完全な回復が見込めないこともありますが、食事療法で少しでも症状が改善したり検査結果が良かったりすると、栄養士としてもとてもうれしくなります。

入院や施設に入所している人にとって、食事は何よりの楽しみであることが多いです。

食事の喜びを伝えながら、健康に大切な栄養指導を行い患者の体調を改善していくことは、栄養士の本領を発揮する場でもあります。

栄養士の仕事内容

栄養士の魅力

あらゆる人の食生活をサポートできる

栄養士の活躍できる領域は

  • 学校給食
  • 医療
  • 行政
  • 企業
  • 地域活動

など多岐にわたります。乳幼児から高齢者まで、あらゆる世代の生活や健康をサポートすることが可能です。

自分自身の食生活にも生かせる

栄養士を目指す人は、もともと「食が好き」である人もたくさんいます。

食事はただ日に三度食べればいいわけではありません。栄養バランスや体調に合わせた食事を考えることで、より健康的で豊かな日常生活を送ることができます。

仕事を通じて身につけた食や栄養、調理方法などの幅広い専門知識は、自分自身の食生活を豊かにするためにも活用できます

これからの需要が期待できる

少子高齢化社会、生活習慣病の増加などの社会変化とともに、栄養士の職業的価値はますます高まっています。

今後も病気を未然に防ぐための栄養指導に力を入れる企業は増え、人々の食や健康への関心も高まることが予想されます。

こうした社会変化や人々の健康に対する意識の高まりは、栄養士の活躍の場をさらに広げていくことでしょう。

栄養士のやりがいのまとめ

乳幼児から高齢者まで、あらゆる世代の生活や健康の手助けができることは栄養士にとって大きなやりがいです。また、食事療法の成果があったときや、「おいしかった」という言葉をもらったときにも喜びを感じます。

さらに、仕事で培った専門知識は自分自身の食生活をも豊かにしてくれます。

人々の食や健康への意識は日増しに高まり、栄養士の活躍の場もさらに広がっていくでしょう。