栄養士のやりがい・楽しさ・魅力

栄養士のやりがい・楽しさ

人の健康に関わる仕事

栄養士のやりがいは、人の健康に関われることです。

サプリメントや薬、病院を頼る前に、食べ物や食習慣に気をつければ予防できる病気はたくさんあります。

栄養士は食べ物に関する正しい情報を伝えることで、自分だけでなく多くの人の健康に関わることができるのです。

おいしかったという言葉

栄養士は、献立を立てるとき、施設や病院で食べ物の好みを知るためアンケートをとることがあります。

ここの施設や利用者はどのようなメニューを好むのかを把握し、献立に反映させることもします。

栄養価は大切ですが、それだけでなく見た目や味など、食べる楽しみも取り入れる工夫をしています。

「今日のメニューおいしかった!」と言われるときは、仕事の疲れも吹き飛ぶほどの喜びを感じます。

栄養指導の効果が出たとき

ケガや病気で入院した患者が、食事療法で回復して元気な姿を見せてくれる時も、大きな喜びを感じます。

慢性的な病気の場合は完全な回復が見込めないこともありますが、食事療法で少しでも症状が改善したり検査結果が良かったりすると、栄養士自身もとてもうれしくなります。

入院や施設に入所している人にとって、食事は何よりの楽しみです。

食事の喜びを伝えながら、健康に大切な栄養指導を行い患者の体調を改善していくことは、栄養士の本領を発揮する場でもあります。

栄養士の仕事内容

栄養士の魅力

あらゆる人の食生活をサポートできる

栄養士の活躍できる領域は学校給食をはじめ、医療・行政・企業、そして地域活動など多岐にわたり、乳幼児から高齢者まで、あらゆる世代の人に対してその人の生活や健康をサポートすることができます。

専門性を身につけ、その知識によってたくさんの人を助けることができるという点は、この仕事の大いなる魅力のひとつになっているといえるでしょう。

自分自身の食生活にも生かせる

栄養士を目指す人は、もともと「食が好き」と話す人もたくさんいます。

「食は健康の基本」ともいわれるくらい重要なもので、ただ三食食べればいいというわけではなく、栄養バランスや体調に合わせた食事を考えることで、より健康的で豊かな日常生活を送ることができます。

仕事を通じて食や栄養、調理方法等に関する幅広い専門知識をどんどん身につけていき、ただ仕事としてだけではなく、自分自身の食生活を豊かにすることができることも、この仕事の魅力でしょう。

これからの需要が期待できる

少子高齢化社会、生活習慣病の増加などの社会変化とともに、栄養士の職業的価値はますます高まっています。

今後も病気を未然に防ぐための「栄養指導」に力を入れる企業は増え、人々の食への関心も増していくでしょう。

こうした社会変化や人々の健康に対する意識の高まりは、栄養士の活躍の場をさらに広げることにもつながっています。

自身の得意分野やチャレンジ精神を生かせば、多彩な働き方ができ多くの活躍の場があることも、栄養士の大きな魅力です。