フリーランスの栄養士

自分流のスタイルで働けるフリー栄養士

栄養士の中にはフリーで活躍している人もいます。そうした人たちは、「開業栄養士」または「在宅栄養士」ともいわれます。

フリーで働くうえで必要なこととして、自分で仕事を確保すること、知識を常に更新すること、スキルを磨くことなどがあります。

最新情報は、「栄養士会」や「全国地域活動栄養士協議会」の会員になると入手しやすいです。

また、研究会が開催されているので、最新情報を入手するために参加している人もいます。

食や栄養士向けの専門雑誌もいくつか発行されていますので、情報収集のために定期購読することも必要となってきます。

仕事の探し方

仕事は、市役所、保健所、保健センターなどに問い合わせると見つかるときもあります。また、医療機関などにも当たってみることで仕事が広がるでしょう。

料理教室を開く人もいます。近ごろ男性が料理を習うことは珍しくなくなりました。男性向けレシピの考案もするそうです。

もちろん、主婦や女性向けの講座もあります。

フリー栄養士のメリットとデメリット

フリーで働くメリットは、自由な時間の使い方ができ、働く場所は限定されず、いろいろなところで仕事ができることです。

仕事を選べること、さまざまな人と出会えること、マイペースに仕事ができること、並行して複数の仕事ができることなども魅力として挙げられます。

依頼された仕事を全うすることで、依頼者と信頼関係を築くことができます。

こういった地道な積み重ねがネットワークとなり、活躍できるフィールドが広がっていくのです。

しかし、どんな面でもデメリットはつきものです。

自己管理をしっかりしないといけない、仕事を自分で探さなくてはいけない、福利厚生などがないことなどは注意しなければなりません。

ですが、働く場所は年々増えてきています。フリーで融通が利くということで、健康診断などは、突然仕事の依頼が舞い込んでくることが多いようです。

いろいろな職場、人との出会いがあり、自主的に自分が求められていることを考えられる力が必要となります。

柔軟性があり、自己管理ができ、人付き合いが好きな人には向いている働き方といえるでしょう。

仕事体験談