このサイトは野菜ソムリエを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「野菜ソムリエ」

仕事内容
野菜ソムリエは、野菜や果物の知識を持ち、そのおいしいレシピや食べ方を人に伝える野菜と果物のスペシャリストです。「日本野菜ソムリエ協会」が主催する民間資格(初級・中級・上級)の養成講座を受け、修了試験に合格した人のことを、野菜ソムリエと呼びます。レストランやカフェでのレシピ開発、青果店やスーパーでの青果販売業務、食品関係企業での商品開発など、資格を生かして働ける場所はさまざまです。
なるには
野菜ソムリエになるには、「日本野菜ソムリエ協会」が主催する養成講座を受講し、修了試験に合格する必要があります。初級・中級・上級と難易度別にコースが分かれていますが、まずは初級の「ジュニア野菜ソムリエ」からスタートします。年齢制限はなく、過去には9歳の資格保持者も生まれています。資格を取得しても、絶対に就職が保証されているわけではありません。食品業界を中心に資格を生かせる職場を探し、就職を目指します。
給料
野菜ソムリエの資格取得後は、どんな働き方をするかによって給料が大きく異なります。飲食店などでは、野菜ソムリエの資格保持者を優遇するところもありますし、大手の食品メーカーに勤めれば、平均年収500万円程度の安定した収入を得られるでしょう。アルバイトでスーパーなどで働く人もいます。就職先や働き方の選択肢は幅広いものの、「資格を生かすも殺すも自分次第」という気持ちを持っておく必要があるでしょう。
将来性
野菜ソムリエの資格の知名度は急激に高まっており、海外から養成講座を受けにくる人もいるほどです。今後は資格取得者がさらに増えることが予想されますが、上級の「シニア野菜ソムリエ」まで持っている人は多くないため、これを取得できれば大きなアピールになるでしょう。食の安全が問われ、野菜や果物に関する正しい知識を持った人材の需要が高まっていますが、常に勉強を続けて知識を深めていく姿勢が必要と言えます。