このサイトは管理栄養士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「管理栄養士」

仕事内容
管理栄養士は、栄養のスペシャリストとして、人の栄養管理や栄養指導を行う仕事です。仕事内容は「栄養士」と重なる部分もありますが、より専門的な知識と技術に基づき、一人ひとりの病気や体質などに応じた栄養指導を中心に行うのが管理栄養士です。勤務先は病院や老人福祉施設など栄養士と同様ですが、栄養士よりも大きな施設で働くことが多くなっています。
なるには
管理栄養士になるには、管理栄養士免許の取得が必要です。高校卒業後、管理栄養士養成施設(4年制大学)で学び所定の科目を修了することで、管理栄養士の国家試験が受けられます。栄養士養成施設(大学、短大、専門学校)を卒業後、一定期間の実務経験(1年~3年以上)を積むことでも管理栄養士国家試験の受験が可能ですが、管理栄養士養成施設を出た現役生のほうが、国家試験の合格率はずっと高くなっています。なるには

給料
管理栄養士の平均年収は、勤務先によっても異なりますが、300万円~400万円程度が一般的です。栄養士に比べると上級の資格を持っている分、給与水準は少々高めとなっているようです。アルバイトやパートで働く場合は時給制で、相場は1000円~1500円程度とそれほど高くはありませんが、経験を積むことで昇給も望めます。また、この仕事は資格手当が付くことも多く、その額は数千円から多ければ2万円ほどになります。
将来性
医療や福祉の領域はもちろんですが、近年はスポーツや美容など、さまざまな業界で食への意識や注目度が高まっており、管理栄養士が活躍するチャンスも大きく広がっています。フリーランスで活動することも可能です。フードコーディネーターや公認スポーツ栄養士など、食や健康に関連する民間資格はいくつもあるため、これらを併せて取得し知識を身につけることができれば、あとは自分の行動力次第でさらに可能性は広がっていくでしょう。