「管理栄養士」の仕事とは

管理栄養士の仕事内容

人々に栄養指導を行い、健康をサポートする

管理栄養士は、食や栄養の専門知識をもって人々に栄養指導を行い、その人たちが健康に生活できるようにサポートする仕事です。

栄養指導といっても、その具体的な業務は多岐にわたります。

たとえば病院や老人保健施設等での給食調理、献立の作成、子どもの食育、アスリートの栄養管理、ダイエット相談など、さまざまな業務を通じて、食の大切さや正しい栄養の知識を人々に伝えています。

「栄養士」とも似た仕事となりますが、管理栄養士は栄養士の上位資格にあたり、より高度な知識を習得することで医師の指導の下、病気の療養のために必要な栄養指導なども行うことができます。

また、一定量以上の食事の提供がある病院あるいは介護老人保健施設施設などにおいては、管理栄養士を設置することが義務付けられています。

管理栄養士の就職先・活躍の場

人が生活するさまざまな場所で活躍できる

管理栄養士の活躍の場は、病院、保育園、高齢者施設、行政機関、スポーツ関連、健康保険組合、食品メーカーなど多岐にわたります。

食は人間にとって不可欠なものであり、栄養とも密接に結びついているため、各施設ではそこで生活する人たちの栄養指導や食事に関するさまざまな業務を担当します。

また、食品系の企業で商品開発やメニュー開発に携わったりすることもできます。

フリーで活躍し、食に関連する書籍執筆やメディア出演、講演活動などをする管理栄養士もいます。

管理栄養士1日

24時間体制で、スタッフが交代で働く職場も

管理栄養士の1日は、どのような職場で働くのかによっても変わってきます。

たとえば高齢者施設など24時間体制で人を受け入れている場所では、他のスタッフと交代制勤務をすることもありますし、毎日決まった時間帯で働く職場もあります。

ここでは、管理栄養士の代表的な職場となる高齢者施設での、ある1日を紹介します。

8:00 出勤
夜勤スタッフから引き継ぎを受けます。

9:00 ミーティング
利用者の状況や新規入所者・退所者について他スタッフと情報共有します。

10:00 食材のチェック
納品された食材に不備や問題がないかをチェックし、収納します。

12:00 巡回
昼食の時間に合わせ、利用者がきちんと食事をとれているかを確認しに回ります。

13:30 事務作業
献立表や栄養ケア計画書作成など、パソコンを使う仕事もあります。

15:00 会議
介護職員や理学療法士、作業療法士などのスタッフと一緒に、入所者の食事摂取状況について報告会を行います。

17:00 食材の在庫確認

18:00 退勤
夜のスタッフに引き継ぎを行って勤務終了です。

管理栄養士になるには

管理栄養士の国家資格取得を目指す

管理栄養士になるには、まず「栄養士」の資格を取得して、その後、管理栄養士国家試験に合格する必要があります。

この国家試験を得るためには、まず受験資格を得なくてはなりません。

おもなルートとしては、栄養士養成施設を出て、栄養士として所定の実務経験を積んでから管理栄養士国家試験の受験資格を得るか、最初から管理栄養士養成施設で学び、栄養士免許を取得して管理栄養士国家試験受験資格を得る方法があります。

国家資格を取得すると、管理栄養士として病院や福祉施設などへ就職するのが一般的です。

管理栄養士の学校・学費

4年制の管理栄養士養成学校がある

栄養士養成学校は、2年制の短大・専門学校から4年制大学までさまざまな学校がありますが、管理栄養士国家試験を受けるためには、免許取得後に国が定める施設で一定期間(1~3年)の実務経験を経なければなりません。

一方、管理栄養士専門学校は4年制大学や専門学校があり、そこでは栄養士養成学校と同様に、卒業と同時に栄養士の免許が得られ、さらに実務経験なしで管理栄養士国家試験の受験も可能です。

最初から管理栄養士を目指しているのであれば、管理栄養士養成学校で学ぶほうが国家試験の合格率も高く、就職にも有利になるとされています。

管理栄養士の資格・試験の難易度

管理栄養士養成学校で学んだ人の合格率は高い

「管理栄養士」は、従来あった「栄養士」免許よりも後に誕生した資格で、栄養士よりもより高度な栄養の専門知識を持ち、さまざまな疾患を抱えた人などへの栄養指導や給食管理を行うことができます。

栄養関連の資格のなかでは唯一の国家資格であるため社会的ニーズが高いですが、資格を得るには管理栄養士養成施設で学ばなくてはならないため、誰もがすぐ取得できるものではありません。

国家試験の合格率は、養成学校の新卒者は90%程度となっており、学校できちんと学べば合格は難しくないでしょう。

管理栄養士の給料・年収

勤務先や雇用形態、経験などによって異なる

管理栄養士の給料は、職場によってだいぶ異なります。

公務員の管理栄養士として働く場合は、国家公務員であれば人事院、地方公務員であれば人事委員会で定められた給与体系に応じた給料が毎月支払われます。

民間に勤務する場合は、勤務先の規模や経験などによって変わってきますが、平均年収は300万円~400万円程度とされています。

アルバイト・パートなどで働く人もおり、雇用形態によっても給料には差が出るでしょう。

管理栄養士は栄養士よりもやや給与水準が高めで、資格手当がつく職場もあるようです。

管理栄養士のやりがい、楽しさ

自分のアドバイスで相手が元気になってくれること

管理栄養士は、人間に欠かせない「食」を通じて、人々の生活や健康をサポートしていくことができます。

おもな仕事内容となる栄養指導の際には、ただ悪いところを指摘するのではなく、何気ない会話から生活習慣や生活状況を把握し、一人ひとりに応じた指導を行うことが大切です。

自分のアドバイスによって相手が少しでも元気になったり、食事を楽しんだりできるようになった姿を見たときには、大きなやりがいを感じられるでしょう。

管理栄養士のつらいこと、大変なこと

専門性が理解されにくいことも

管理栄養士は、栄養のプロフェッショナルでありながら、一般の人にはその専門性がなかなか見えづらいところがあるようです。

「給食を作る仕事をする人」「料理が得意な人」程度に思われてしまうこともありますが、じつは専門知識を持って、管理栄養士にしかできない栄養指導も行っているのです。

また、管理栄養士が活躍している多くの職場では、管理栄養士がたった1人で勤務していることがよくあります。

なかには事務職や介護を兼務している人もおり、膨大な業務を抱えることもあるようです。

管理栄養士に向いている人・適性

人と接するのが好きで、食事や料理にも関心がある

管理栄養士は、栄養指導などの仕事を通じて、小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代の人と接します。

人と接するのが好きな人であれば、日々楽しんで仕事ができるでしょう。

とくに、異なる年齢や立場の人の状態を理解し、同じ目線に立って接することができる人は管理栄養士の適性があるといえます。

また、この仕事では食や栄養に関してどんどん知識を深めていくことが大事になるため、自分自身が食べ物や料理が好きで、健康にも気遣えるような人に向いている仕事です。

管理栄養士志望動機・目指すきっかけ

たくさんの人の生活を栄養面から支えたい

最近は「手に職を付けて働きたい」と考える人が増えていますが、管理栄養士の資格も、まさにそれを実現するための手段のひとつといえます。

この資格は一生モノとなるため、年齢を重ねても資格を生かして活躍することができ、そのような点に魅力を感じて管理栄養士を目指す人がいます。

また、管理栄養士は健康な人はもちろん、病気の人も、さまざまな人の生活を「栄養」という面から支えることができます。

人間に不可欠な食や栄養の専門家として、多くの人の力になりたいという気持ちがこの仕事を目指すきっかけになるようです。

管理栄養士の雇用形態・働き方

多様な働き方が実現できる仕事

管理栄養士は、病院や福祉施設などさまざまな場所で正社員として働くことができますが、なかにはアルバイトや派遣として働く人もいます。

また、公務員の管理栄養士になることもできます。

公務員としては、保健所・保健センター、市区町村の役所、老人保健施設、給食センターなど多岐にわたる場所で活躍できます。

またフリーランスの管理栄養士として、企業などと業務委託契約を結んで多種多様な案件を務める人もいます。

ただし、いずれの場合でも、管理栄養士として栄養指導などを行う場合には管理栄養士の国家資格が必要になってきます。

管理栄養士の勤務時間・休日・生活

固定の時間で働く職場も、シフト制の職場も

管理栄養士の勤務時間は職場によって異なり、毎日決まった時間内で働くケースもあれば、24時間のなかで交代しながら働くシフト制勤務となるケースもあります。

とくに朝が早くなりがちなのは病院や福祉施設などで、日が昇る頃に出勤ということもあります。

一方、一般企業では9時頃が始業になることが多く、スポーツジムやエステサロンなどでは朝がややゆっくりめとなることもあります。

休日も、病院など365日の食事提供がある職場では決まった曜日に休めるとは限らず、勤務先によって事情が変わってきます。

管理栄養士の求人・就職状況・需要

専門知識を有する管理栄養士の需要は大きい

管理栄養士は、栄養に関する専門的な知識を持つプロフェッショナルとして、病院や高齢者施設、食品メーカー、研究所、保育園、スポーツジム、エステサロンなど、多岐にわたる場所で需要があります。

管理栄養士の国家資格を持っていることは、きちんと養成施設で学んだ証にもなり、大きな強みになります。

待遇のよい正社員(常勤)の就職は競争倍率が高いこともありますが、非常勤やアルバイトでもよいのであれば、仕事はかなり探しやすいといえるでしょう。

管理栄養士の転職状況・未経験採用

国家資格を取得すれば未経験からでも働ける

管理栄養士への転職として多いのは、もともと栄養士の資格を持つ人が、実務経験を積んで管理栄養士国家試験に合格し、今度は管理栄養士として働ける場を探すというケースです。

正社員の採用試験は厳しくなることがありますが、栄養士としての実務経験は大きなアピール材料にあんるでしょう。

他職種からの転職を目指す場合も、管理栄養士養成施設で学ばなくては国家資格が取得できないため、転職ハードルは高めといえるでしょう。

ただし、国家資格を取得すれば、未経験からでもアルバイト・パートなどで働ける職場はいくつも見られます。

管理栄養士の現状と将来性・今後の見通し

活躍できる領域はさらに広がりを見せていく

もともと、管理栄養士の業務は病院での栄養指導や学校での献立作成などが中心でしたが、最近ではアスリートへの食事のアドバイスやエステサロンでのダイエットサポートなど、幅広い分野での活躍が期待されます。

栄養という分野を超えて、医療や福祉、美容、スポーツなど、多岐にわたる領域で活躍する管理栄養士はさらに増えていくでしょう。

SNSを利用して自ら情報を発信したり、フードコーディネーターなど他の食に関する資格を生かしながら、自分らしくフリーで働く管理栄養士も増えており、多様な働き方ができる仕事です。