「調理師」とは

調理師_画像

料理にまつわる確かな知識・技能を持ち、厨房でお客さまのために腕を振るう。

調理師は、レストランや料亭、ホテルなどで料理を作る仕事です。

学校の給食や病院の食事を作るのも調理師の役目です。

調理師の免許がなくても料理の仕事につくことはできますが、「調理師」と名乗ることができるのは、調理師国家試験に合格した人のみです。

調理師免許を取得するためには、調理師学校で1年以上学ぶか、飲食店などで2年以上実務経験を積んだ後、調理師試験に合格することが必要です。

一人前の料理人になるまでの道は険しく、厳しい下積み期間を何年も過ごさなければなりません。

調理師の待遇はあまり恵まれているとは言えません。

しかし、自分の店を持つという夢を持つ人も多く、また、海外で活躍する人も増えてきています。

「調理師」の仕事紹介

調理師の仕事内容

さまざまな場所で料理を作る人

調理師は、レストランやホテル、料亭などで料理を作る仕事です。

飲食店だけでなく、結婚式場などのイベント会場、食品メーカー、ケータリングサービス、学校や企業、病院・福祉施設の調理場などさまざまな場所で活躍しています。

調理師の免許がなくても料理の仕事につくことはできますが、「調理師」と名乗ることができるのは、調理師国家試験に合格した人のみです。

調理師とは、調理を行う人を総称して指す言葉で、日本料理を作る人は「板前」、西洋料理のコック長は「シェフ」など、同じ調理師でもさまざまな種類や呼び方があります。

調理師は、専門技術を生かしてお客さまに喜ばれる料理を作ることはもちろん、食材の仕入れや新しいメニュー開発、衛生面の管理など、調理に関わるさまざまな仕事を行っています。

調理師の就職先・活躍の場

活躍の場は飲食店だけではない

調理師が働く場所は、レストランやカフェなどの飲食店だけではありません。

ホテルや旅館、結婚式場内にあるレストランや、食品メーカー、ケータリングサービス、学校の給食室、企業や病院・福祉施設の調理場など、活躍の場は実にさまざまです。

働く場所によって規模も異なり、お店によって作る料理や給与、待遇など大きく異なるので、就職先を考えるときは、自分がどんな料理を作りたいかを考えておく必要があります。

こうしてで経験を積んだ後、独立し自分で店を出す人も少なくはありません。

調理師の1日

調理師の1日は拘束時間が長くなりがち

調理師の1日は、勤務する場所や役割、立場によって異なります。

たいていの場合「早番」や「遅番」などシフトで働きますが、基本的には拘束時間が長い仕事だといえます。

<レストランに勤務する調理師の1日>
9:00 出勤・ランチタイムに向けた仕込みを開始
11:00 ランチタイムの調理
14:00 まかないを食べて昼休憩・夜に向けたミーティング
15:00 ディナータイムに向けた仕込みを開始
18:00 ディナータイムの調理
22:00 営業終了・まかないを食べながら全体ミーティング
23:00 後片付け、掃除・退勤

調理師になるには

現場に出るか?進学するか?

調理師を目指す人は、調理師の免許を取得できる調理師専門学校を卒業してから就職する人がほとんどです。

ただし、調理師の免許の有無に関わらず、就職後は誰でも下積みの雑用係からスタートします。

学校で習う知識は確かに大切ですし、免許を持つことで就職のチャンスが広がる可能性もありますが、それにとらわれる必要はありません。

高校卒業後にすぐ就職し見習いとして働き始め、そこから修業を積み1人前の調理師となる人も少なくありません。

調理師の学校・学費

調理師学校で取得する

調理師免許を取得する方法は

1.調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上勉強し卒業する
2.飲食店などで 年以上実務経験を積み、調理師試験に合格する

という2つの方法があります。

料理の基礎から学ぶことができ、調理師試験を受けずに免許を取得することができるので、調理師になりたいという人は調理師学校を目指す人が多いようです。

ただし現場に出た時に必要とされるのは、やはり実務経験です。

すぐに調理に携わることはできず、雑用をこなしながら技術を学ぶ下積みからのスタートです。

中卒でも未経験者可の求人があれば、下積みから始めて2年後に受験資格を得てから調理師免許を習得するという方法もあります。

調理師の資格・試験の難易度

受験する都道府県によって問題が異なる

調理師試験の合格率は一般的に60%~65%といわれています。

調理師試験の試験は食文化論、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論の中から出題されます。

試験自体の難易度はそれほど高くなく、独学でも数ヶ月ほど勉強をすれば合格できるといわれています。

調理師試験の特徴は、受験する都道府県によって問題が異なることです。

出題傾向が違うので、受験予定の都道府県の過去問題をチェックすることが必要になります。

調理師試験の費用は、都道府県ごとに異なる場合がありますが、一般的には6000円前後です。

調理師の給料・年収

経験や技術によって大きな差が

調理師の給料は、勤務先や、自信が持つ経験や技術によって大きな差があります。

地域にもよっても変わりますが、額面で15万~21万ぐらいの会社が多いようです。

しかし、下積み期間のうちは、わずか数万円~10万円ほどで働くことも珍しくはありません。

一人前の料理人になるという強い覚悟がなければ続けることは難しいでしょう。

また、拘束時間が長い仕事であり、その分の給与が出ない会社も多くありますので、労働環境としてはあまり良くないといわざるを得ません。

調理師のやりがい、楽しさ

料理で人を笑顔にできる仕事

調理師という仕事のやりがいは、「料理で人を笑顔にできること」です。

自分がつくった料理を食べた人が「おいしかった」と笑顔で喜んでくれることが、最大の喜びとなります。

また、修行を重ねるうちにさまざまな料理が作れるようになるのも、やりがいを感じる瞬間です。

特に、下積みからはじめてお客さまに料理を提供できた日のことは、一生忘れない感動でしょう。

技術が身につき、新しい料理が作れるようになるたびに、「この仕事を選んで良かった」というやりがいを感じます。

調理師のつらいこと、大変なこと

拘束時間が長く体力勝負

調理師として働く上で一番大変なのは、やはり勤務時間の長さです。

飲食店の現場では拘束時間が長く、早出残業が当たり前の世界です。

特に、下積み期間のうちは朝早くから夜遅くまで作業があり、さらにスキルアップのために練習を重ねなければならず、プライベートの時間が持てないという人も少なくありません。

重い食材を運んだり、立ちっぱなしで作業をしたりと、体力を使う仕事でもあるので、腰痛や肩こり、腱鞘炎などを発症しがちで、肉体的に厳しいという人も多くいます。

調理師に向いている人・適性

自分の作った料理で人を笑顔にしたい人

調理師になりたいと思ったとき、何よりも必要なのは「料理をすることが好き」「自分の作った料理を誰かに食べてほしい」という強い気持ちです。

調理師としてやっていくには、料理の世界に入ってからの下積み期間をぐっと耐えて、一人前になるまで乗り切る忍耐力が必要となります。

そのためには、絶対に一人前の料理人になるという強い意思が大切です。

この2つの気持ちがあれば、それを支えにたとえつらい時期だとしても乗り越えることができるでしょう。

調理師志望動機・目指すきっかけ

どんな調理師になりたいかを考えておく

調理師といっても、その活躍の場はさまざまです。

飲食店で働くとしても、和食・洋食・中華などさまざまな料理があり、どの道に進むかによって仕事はまったく変わります。

さらに学校給食や病院、福祉施設などで調理の仕事に携わったり、食品メーカーで新商品の開発に携わったりするなど、調理師として目指す方向によって志望動機はさまざまです。

志望動機を話す場面では、自分の料理への情熱を存分にアピールしたうえで、「どんな道に進みたいか」「どんな料理を作りたいか」など、より具体的なメッセージを伝えていくとよいでしょう。

調理師の雇用形態・働き方

アルバイトから公務員までさまざま

調理師の雇用形態は、アルバイトから公務員までさまざまです。

下積み期間はアルバイトからはじまり、一人前になった時点で正社員として雇用される飲食店も少なくありません。

また、意外ですが公務員として働くこともできる仕事です。

公務員の調理師は、おもに学校給食を提供する給食施設や学校で、生徒のために大量調理をします。

近年は調理師派遣サービスを手掛ける人材派遣会社もあり、マッチングした飲食店に派遣され調理師として働く人もいます。

調理師の勤務時間・休日・生活

世間の休日は調理師の繁忙期

職場にもよりますが、一般的に調理師の仕事は勤務時間が長く休日の取りにくい仕事です。

休日は月に4~8日がとしているところが多いですが、土日祝日が休みという職場に勤めていない限りは、調理師の休日は主に平日となり、職場内のローテーションで休むことになります。

お盆や正月などの長期休暇は、飲食店を利用する人が多いため、世間と同じように休みを取りにくいのが実情です。

基本的には拘束時間が長く、ハードな仕事であると思ったほうがよいでしょう。

調理師の求人・就職状況・需要

外食の需要が多く求人も多い

近年は外食産業が盛んで、人手不足から調理師の需要も多くなっています。

調理師の資格を持つ人は即戦力になるということで求人数も増えつつあり、求人サイトでも多く求人が見つかります。

特定のお店やジャンルにこだわらなければ、就職先は割とすぐに見つかるでしょう。

ただし、拘束時間が長く仕事がきついことから離職率が高く入れ替わりの激しい業界でもあります。

続けていくには、下積み期間やハードな仕事でも負けずに乗り切れるかがポイントとなります。

調理師の転職状況・未経験採用

実力主義で厳しい現場も多い

求人数が多いため、資格を生かそうと、異業種から調理師を目指すという人は少なくありません。

ただし、調理の仕事は実力主義で、さらに師弟関係がハッキリとしている職場が多いです。

たとえ高い学歴を持っていたり、これまでキャリアを築いていたりしても、まったくゼロの状態から飲食業界に入れば先輩に付き、下積みをしなければなりません。

下積み時代の収入は非常に低いこともあるので、転職の際はそれなりの準備や貯金をしておく必要があるでしょう。

調理師の現状と将来性・今後の見通し

調理師を取り巻く環境の変化

外食産業が発展した現代では、調理師の需要は今後もなくなることはないでしょう。

しかし、コンビニなどが惣菜やお弁当の販売を強化したり、配食サービスを利用したりする人が増加したりなど、飲食店の競争相手が増えているのが実情です。

これに対抗しようと、過度なコストカットや、長時間労働など、調理師を取り巻く環境は年々厳しくなっています。

こうした現状を打破し、調理師不足を解消しようと、待遇面の改善をするところも増えつつあります。

調理師として長く働くには、働きやすい環境の職場をしっかりと選んでいくことが求められます。