1分でわかる「ラーメン屋店長」

仕事内容
ラーメン屋店長の仕事は、おいしいラーメンを作り、お客さまに提供することです。「極上の1杯」を作るために、スープや麺、具材にこだわりながら独自の味を追求していきます。また、ラーメン屋店長は自ら独立開業して経営者としての顔を持つ人も多く、お金の管理や集客、従業員の教育なども行いながら、継続して店を繁盛させていくことを目指していきます。
なるには
ラーメン屋店長になるのに、何か特別な資格等が求められることはありません。しかし、ラーメン店は競争が激しく、多くの人に「ここのラーメンが食べたい!」と思ってもらうことができなければ、生き残りは難しいといえます。そのため、実績のあるラーメン店でアルバイトなどの形で修業をしてスキルを磨き、独立開業するという流れになっています。のれん分け、いわゆるフランチャイズを利用して開業することも可能です。
給料
ラーメン屋店長の給料は、人によって大きく異なります。独立開業した場合、店が繁盛すれば年収1000万円以上を得ることも夢ではありませんが、思うようにお客さまが集まらなければ年収200万円程度、場合によっては赤字になる可能性もあります。雇われ屋店長であれば、毎月固定給が出る場合もあれば、最低保証金額だけ設定し、それ以上は売上に応じて歩合で給料が決まるということもあります。
将来性
もはや国民食ともいえるほどに成長したラーメンですが、店の入れ替わりは激しく、その世界で屋店長として生きていくことは容易くはありません。しかし、最近は「ミシュランガイド」にラーメン店が取り上げられたリ、海外でも日本のラーメンが注目されたりと、おいしいラーメンを求める人は大勢います。経営ノウハウもしっかりと勉強しながら、多くの人を惹きつける店づくりを追求し続けることができれば、成功の可能性は高まるでしょう。