このサイトはシェフを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「シェフ」

仕事内容
厨房での全責任を負う指揮官のような役割を担っているのが、コックのトップであるシェフの仕事です。調理をするだけではなく、部下の味付けのチェックや教育・指導に加えて、メニューの構成を考えたり新しいメニューを開発したりといった、メニュー・料理の全体的なプロデュースを行う立ち位置にあります。もう一つ忘れてはならないのが食材の仕入れや選択、調達を限られた予算内で行い、利益を出すことです。料理で自分の世界観を表現できる一方、大きな責任が課せられるため、厳しい面もありますがそれだけやりがいも大きいといえるでしょう。
なるには
シェフを目指す前に、まず一人前のコックになる必要があります。シェフになるまでは、個人差はありますが、概ね10年程度修行を積まなければなりません。下積み時代、皿洗いや掃除などをしながら、調理の段取りや徹底した衛生管理を学んだら、包丁を握ることができるようになります。とはいえ、包丁を扱えば少なくとも自分が触った食材や料理がお客に出されるということ。誰が調理しようと、その料理の責任を負うシェフにとっては一大事ですから、やすやすとは作らせてもらえないかもしれません。しかし経験が一番大切な業界ですから、日々努力することが大切です。
給料
20代前半でコックになった場合、初任給が約17〜18万円程度です。経験が増えていくとその分だけ給料も比例し増額しますが、一般的なサラリーマンよりも低めの給与設定といえます。仮に厨房のトップ・シェフになれれば、店舗の業態や規模にもよりますが年収700万円ほどとなることもあります。独立し、オーナーシェフになるとリスクもありますが、平均1000万円以上を得る可能性もあります。独立してもしなくても、シェフは調理以外に部下の教育や利益のチェックなどをしなければならないため、長時間労働になりやすい傾向にあります。
将来性
少子高齢化や安心・安全・スローフードといった食の感心の高まりなどにより、どういった食を提供するかが重要視されてきています。たとえば、食材の品質を重視した料理や高齢者向けのヘルシーメニュー、農家直営のレストランなど、単純に食事を提供するという時代は終わり、より細やかなニーズに応えることが大切になってきています。労働環境に関していえば、依然として長時間の労働の実態があり、とくに女性にとっては結婚・出産がネックになる状況に変わりはありません。しかし女性だからこそできる繊細な味付けやおもてなしが、客から求められているのも事実です。