1分でわかる「カフェオーナー」

仕事内容
カフェオーナーは、カフェの経営者として働く人のことをいいます。

「どのような店にしたいのか」というコンセプトを決定し、予算計画に基づいて出店場所や物件を決め、外装やインテリアを検討し、メニューを考えて店を運営します。

個人店のオーナーの多くは兼店長としてお客さまにサービスをしていますが、自分以外の店長やスタッフを雇い、その人たちにサービスを提供してもらう場合もあります。
なるには
カフェオーナーになるのに、決まった方法ありません。

よくあるパターンとしては、アルバイトや社員としてカフェ・喫茶店にしばらく勤め、経験を積んで独立するものです。

早いうちから将来は自分の店を出すことを目指し、いくつもの店舗で修業を積むという人もいます。

なかには、ブランドや経営ノウハウが確保される「フランチャイズ」に加盟する道を選択して開業するオーナーもいます。
給料
カフェオーナーとなってどれだけの収入が得られるかどうかは、ひとえに自分の手腕や努力にかかってくるといえるでしょう。

自宅兼カフェのような形をとり、少しでも経費を抑えて経営するのであれば多少のプラスが出るかもしれませんが、個人経営ではまず赤字になる人がほとんどのようです。

一方、成功して多店舗展開をし、年収1000万円以上を得ているような人もいます。
将来性
カフェは飲食店のなかでも、最も単価が低いうえに回転率が悪い部類の業態となっており、成功することは難しいといわれます。

また、昨今のカフェブームによって参入者が増え、競争はますます厳しくなっています。

しかし、魅力的な場には大勢のお客さまが集っているのも確かです。

オーナーとして成功を目指すのであれば、ドリンクや食事を作る技術面だけではなく、数字を見る力など経営者としての力をアップさせていくことを忘れずにいる必要があるといえます。