給食会社で働く栄養士の仕事内容

給食会社で働く栄養士の仕事とは

給食会社の栄養士とは、委託給食会社に所属し、病院や福祉施設、企業などに派遣され、派遣先で働く栄養士のことです。

委託給食会社は栄養士の就職先として、かなりの割合を占めています。

病院や施設などが直接給食業務を運営するのではなく、こうした委託給食会社に依頼することが増えてきています。

施設側の栄養士さんや同じ会社のスタッフと密に利用者さんの状態などを連絡し、物事が円滑に進むよう配慮しなくてはなりません。

給食会社で働く栄養士の業務の内容

業務内容はほぼ調理業務といってもよいでしょう。

大量調理がメインとなるため、味や見た目にこだわるのはもちろん、季節の食材や地元の食材を使ったり季節感を演出したりするなどさまざまな工夫が必要となります。

また、味にばらつきがあってはいけないため、常に同じ味を提供するよう注意しなくてはなりません。

どのようにすれば作業が早くなるか、時間通りに提供できるかを考えながら、仲間と連携を取っておく必要があります。

給食会社で働く栄養士の役割

厨房では調理員と一緒に作業しますが、献立のイメージをうまく調理師に伝えなくてはいけません。

調理師と栄養士との役割分担としては、調理員が料理をする人であるのに対して、栄養士は調理だけでなく、献立を考えたり、アレルギーや病気の人用の食事の指示を出したりといったことも行います。

大量調理でミスをしてしまえば、給食が提供できないという事態に陥りかねませんし、学校や施設でアレルギー等があり、食事の配慮が必要な人に対し誤った献立を提供してしまえば、命にかかわることもあります。

調理員やそこで働く職員たちと連携をし、衛生管理をはじめ安全に配慮して給食を届けられるようにしなくてはなりません。

給食会社で働く栄養士の勤務先の種類

給食会社は規模がさまざまで、地元の複数の学校や施設に提供しているところから、全国的に展開しているような会社もあり、それぞれに特徴があります。

大規模な給食会社の場合、希望をすれば本社で働くこともできるところもあり、栄養士を経て事務や営業など違う仕事をすることもできたり、事業所間で異動したりする場合もあります。

また、現場で働く人数が多いため比較的経験が浅かったり新卒だったりした場合でも採用されやすく、現場で経験を積みたいという人には働きやすい職場といえます。

給食会社で働く栄養士の仕事の流れ

まずは、朝出勤すると調理前に届いた食材、調理器具がそろっているかなどの確認をします。

ミスがあった場合はすぐさま対応します。

調理員が出勤すると、スタッフに献立の調理法の説明や作業手順の指示などを行いながら自分も調理を行います。

その後給食は各学校や施設へ運ばれるため、その間に器具の洗浄や休憩をします。

配膳されたものが返ってくると、食器を洗ったり、残飯量のチェックを行ったりし、栄養価や経費の計算を行いまとめの書類を作成します。

最後は今日の改善点や明日のメニューについてミーティングし、勤務終了です。