栄養士は副業・在宅でも働ける? フリーランスは?

栄養士の副業・在宅での働き方・仕事内容

栄養士の有資格者は年々増えていますが、その資格を生かして働いている人はそこまで多くありません。

実際に栄養士として働いているのは資格取得者の2割程度ともいわれます。

その理由として、栄養士はさまざまな場所で需要があるものの、有資格者が多いため全資格取得者に対して考えると求人数がさほど多くないということがあります。

また、正規雇用ではなくアルバイトやパートなど非正規雇用での求人も多いことから、思うような収入が得られず、この仕事を専業としてやっていくのが難しいという現状もあります。

こうしたことから、他に本業として仕事を持ちながら、副業で栄養士の資格や知識を生かして働こうと考える人もいます。

副業・在宅の栄養士として働くには?

副業の栄養士をする場合、アルバイトやパートとして働く形が一般的です。

それ以外にフリーランスで仕事をすることもできます。

最近では、オンラインで一般の人に栄養面のコンサルティングやアドバイスをする需要が高まっているため、在宅で仕事をする栄養士も増えつつあります。

在宅勤務であれば、休日や夜間など空いた時間を使って無理なく副業に挑戦しやすいでしょう。

ただし、数はまだそこまで多くなく、副業として十分な収入を得られないこともあります。

副業の栄養士のメリット・デメリット

副業の栄養士のメリット

副業の栄養士のメリットは、資格を生かして働くことができる点です。

勉強して身に付けた知識やスキルを生かせるため、やりがいも感じられます。

また、現在は栄養士の仕事から離れていたとしても、副業として仕事を続けていれば、いずれ栄養士に転職する際に経験が大いに役立つことでしょう。

副業の栄養士のデメリット

栄養士として副業をするにあたって最も気を付けなくてはならないのは、本業の仕事で副業が禁止されていないかという点です。

もし勤務先の就業規則で副業禁止となっていた場合は、勝手に副業をするとペナルティが発生する場合もあり、可能である場合も、本業に支障のないようなスケジュールで副業をすることが重要です。

栄養士の仕事は、職場によっては大量調理業務が中心でかなり体力を要する場合もあるため、その点にも気を付けて副業としての仕事選びをしたほうがよいでしょう。

副業の栄養士の給料・年収

副業の栄養士として土日など休日に働く場合はアルバイト・パートとして時給が支払われ、一日で数千円程度となります。

フリーランスやインターネットで働く場合は、月に数千円から数十万円と大きく開きがあり、仕事の仕方次第では大きく可能性を秘めている仕事です。

フリーランスの栄養士の働き方・仕事内容

栄養士の中にはフリーで活躍している人もいます。

フリーランスの栄養士は、「開業栄養士」または「在宅栄養士」ともいわれます。

自分で仕事を確保すること、知識を常に更新すること、スキルを磨くことが必要ですが、自分のスタイルでさまざまな仕事の仕方をすることができます。

「栄養士会」や「全国地域活動栄養士協議会」の会員になり情報を入手したり、栄養士が集まる研究会に参加したりしている人もいます。

フリーランスの栄養士になるまでのキャリアパス

資格を取得後すぐにフリーランスになる人は少なく、まずは施設等で経験を積み、スキルや知識を身に付けた上でフリーランスとして独立する人が多いようです。

仕事は、市役所・保健所・保健センターや医療機関などに問い合わせると見つかることもあります。

栄養士の資格を生かして料理教室を開いたり、インターネット上でレシピや調理手順を公開したり、本を出版したりする人もいます。

フリーランスの栄養士が働く場所は年々増え、融通が利くということで、健康診断などの繁忙期は、突然仕事の依頼が舞い込んでくることが多いようです。

フリーランスの栄養士のメリット・デメリット

栄養士がフリーで働くメリットは、自由な時間の使い方ができ、働く場所は限定されず、いろいろなところで仕事ができることです。

仕事を選べること、さまざまな人と出会えること、マイペースに仕事ができること、並行して複数の仕事ができることなども魅力として挙げられます。

デメリットとしては、自己管理をしっかりしないといけない、仕事を自分で探さなくてはいけない、福利厚生などがないことなどは注意しなければなりません。