このサイトはパティシエを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「パティシエ」

仕事内容
パティシエは、洋菓子店やレストラン、ホテルなどでケーキやクッキーなどの洋菓子を専門に作る仕事です。一人のパティシエが完成までの全ての製造工程を担当することもあれば、大きな店舗の場合、計量や生地作り、デコレーションなどの作業ごとに担当を分けて完成させることもあります。お菓子作りが好きなことはもちろん大事ですが、新商品の企画では創造力がモノを言いますし、緻密な作業を日々繰り返すため、忍耐力や体力も必要とされる仕事です。
なるには
パティシエになるのに絶対に必要な資格や学歴はありません。しかし、洋菓子作りに関する知識と技術が必要となるため、製菓専門学校や調理師専門学校で基礎的な内容を学んだのち、洋菓子店などに就職する流れが一般的となっています。中には、まったくの未経験者でもパティシエ候補として採用する場合もあり、専門学校を出ていなければパティシエになれないというわけではありません。いずれにせよ、現場に入れば実力主義の世界の仕事です。
給料
勤めたばかりの頃は月給15万円程度という人も多く、新人のうちは厳しい生活を強いられることも多いようです。しかし、一人前になれば少しずつ状況は変わってきます。キャリアアップと共に昇給し、年収500万円ほどまで稼げる人もいます。自分のお店を持てば、さらに稼げる可能性もあります。ただし、全体的に給料は低めとなっており、仕込みや片付けなどを含めた長時間勤務に耐えられる人でなければ、続けていくことが難しい仕事です。
将来性
パティシエは、いずれ自分のお店を出したいと夢を持つ人も多い職業ですが、個人店の経営は決して簡単ではなく、何かしら特徴がなければ競争に負けてしまうことも多い世界です。しかし、自分のスキルを存分に発揮してアイディアも生かすことができ、やり方次第では成功する可能性も大いにあると言えるでしょう。スイーツブームは根強く続いており、個々のパティシエへの注目も集まっているため、将来性はまだまだある仕事です。

仕事体験談