このサイトは調理師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「調理師」

仕事内容
調理師は、レストランやホテル、料亭などで料理を作る仕事です。食事のジャンルなどに応じて「シェフ」や「板前」などと呼ばれることもあります。料理の仕事に就く人は多いものの、「調理師」と名乗れるのは調理師国家試験に合格した人のみです。調理師は、専門技術を生かしてお客さまに喜ばれる料理を作ることだけでなく、仕入れやメニュー開発、衛生面の管理など、調理に関わるさまざまな仕事を行っています。
なるには
調理師として働くには、国家資格である調理師免許の取得が必要です。調理師学校を卒業するか、2年以上の実務経験を経て試験に合格することで調理師免許が取得できます。しかし、免許を持って就職してからも、すぐに料理の仕事ができる人はほとんどいません。まずは下積み期間として、掃除や道具の準備、仕込み、後片付けなどを任され、早朝から深夜まで働き詰めということもよくあります。厳しさを乗り越えて、ようやく一人前と言える仕事です。
給料
調理師の給料は、勤務先もさることながら、経験やスキルによってだいぶ差があります。下積み期間のうちは、わずか数万円~10万円ほどで働くことも珍しくはありません。一般的には年齢の10倍稼げると一人前と言われています。料理人として、その組織のトップクラスになれば1000万円以上を稼ぐ人もいますが、そこにたどり着くのは簡単なことではありません。お金や待遇よりも、仕事自体が好きといった人が多いようです。
将来性
調理師といえば、レストランや料亭などの店舗で働くイメージが強いですが、病院や福祉施設、企業などでも調理師のニーズがありますし、学校給食の調理師になることもできます。これらの組織では創意工夫を凝らした料理というよりも、栄養士などが計画した献立を正しく作ることが主になりますが、拘束時間は店舗勤務よりも短いことが多いのが特徴です。調理師の活躍の場は幅広く、働き方の選択肢もさまざまと言えます。

仕事体験談